スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレード更新!

室内壁のクラックス大阪での練習。
年が明けてからGWまでのまとめをしよう。

なんだかんだで今年最初の室内壁は、1月もほぼ終わりの26日となりました。
クライミングはほぼ1ヶ月休んでいたので保持力が無い…。
ただ逆に十分休んだ事で、肘や肩の痛みはほぼ無くなっているのはいい事だ。

年初め恒例の干支課題(グレードは?の課題)として今年は「酉年課題」が
数点作られていていましたが、3月のクラックス大阪でのコンペ(みにぱ)に向けた準備のために
大半の壁でホールドチェンジを行い、2月初旬で酉年課題はほぼ消滅してしまうとの事。
かなり出遅れたけど、どこ(難しい課題)まで出来るかな~?という感じでした。
そして2月になり、酉年課題の最終日。
まあまあ難しい方の課題、黄緑酉(5.12a相当)をこの日2回目、総トライ8回目にしてRP達成!
特にこれまであまり得意ではないと思っていた薄被りとカンテの複合壁課題だったので
意外にあっさり登れた事に自分でも結構驚きました。
なんでもやってみな分からんな、と思いました。

そしてみにぱが終わり、次はGW前後にかけてリード壁の塗装をするという事で
またまたホールドチェンジが行われるとの告知が!
酉年課題もそうだったけど、今回も通常ではありえないほどに短い間隔でのホールドチェンジだ。

2月に出来た新しい課題のひとつである、ルーフ壁真ん中を登る5.12b(オレンジ/)。
限界グレードですが多分、今の自分に一番向いているであろうと思われる課題だったので
3月初め頃から挑戦してみましたが、ワンテンになってから、さらに1ヶ月以上経っても
中々RP出来ません。急がないと本当に無くなってしまう、と焦る(^^;)
毎回ルーフを抜けた後にあるカチを取りにいくムーブで落ちる。
届いていないとかヨレているわけではなく、ムーブの精度が悪くて
掴んだホールドを保持出来なくて落ちる感じ。
そこのムーブは、フラッキングで足を振って体を上げてホールド取りにいくのだが
カチを掴んだ後に振った足が戻る時に体が回転してしまい壁から剥がされるのである。
体幹が強い人はそこで耐えられると思うのだが弱い私は何回やっても同じ落ち方をするので
そこのムーブを変える事にしました。
フラッキングで振っていた足をホールドに置いて、キョンでクロスに手を出すようにしました。
私の身長ではかなり窮屈なムーブだったので試してなかったが、一度やってみる事に。
すると今までの苦労が嘘のようにカチが取れるようになり、これはいよいよRP出来るか!
と思いましたが、下から繋げて登るとやはり最後はしんどいのか
終了点まであと1手とか2手で落ちてしまう。
ちょっと危険な終了点落ちも一度ありました。
終了点は掴んでいるがクリップしていない状態での落下ですので、当然激落ちです(^^;)
それから一週間後。
4月最終日についにやりました!初の5.12bのRPです!!
まあ登れる人にはなんてことのない課題かも知れませんが
登れない人の私は思ってた以上に苦労しました。
ワンテンになってからの方が長く、本数も多かったでしょう。

とりあえずホールドチェンジには間に合いました(^^)


5.12b(オレンジ/)の課題の説明。
スポンサーサイト

2016年の室内壁まとめ

2016年の室内壁まとめ。

室内壁のクラックス大阪での練習は、中々調子が良かったです。
昨年からの宿題がちょうど次々とRP出来ました。
うれしかったのは現状の限界グレードである5.12a/bをまた登れたという事です。
一度どん底まで落ちても、また戻る事が出来るという事が分かりました。

この年のツエルブ台は、5.12a…1本、5.12a/b…3本、RP出来ました。

昨年RPした5.11d(黄色/)がこの年の途中で5.12a/bに格上げされていたが
自分的には5.11dで納得のいく難しさだったので別に悔しくありません(^^;)

イレブン台は5.11cぐらいならオンサイトは無理としても数回程度でRP出来るようになったり
ツエルブ台でも自分向きの課題なら10回以内でRP出来るものもあったりしたのも
昨年よりも調子が良かったと思えるところです。

来年も怪我に注意して頑張ろう。

2015年の室内壁まとめ

2015年の室内壁まとめ。

室内壁のクラックス大阪での練習は、昨年末の右肘故障のせいもあって
春頃までは全く行かずでした。
やっと腕に力が入れられるようになったので
久々に練習に行ったら、5.10bを登るのも必死だった(^^;)
その後、徐々に調子を取り戻すが、右肘が完全に良くなることはなく
常に少し不安がある状態でのクライミングとなる。

それから、昨年から定期的に山登りに行かなくなったせいか
体重がやや増えてしまい、クライミングにも影響が出だした。
食べたら太る年頃になってきたし、気をつけないと。

結局この年は5.11dを数本RPするに留まる。
ツエルブ台は来年に期待しよう。

2014年の室内壁まとめ

2014年の室内壁まとめ。

室内壁のクラックス大阪での練習は、昨年12月に右手薬指を痛めた影響もあり
本調子と呼べるような状態ではないものの、ようやく6月には5.12aをRPして
調子が少し戻ってきたと思われる頃に実家等で色々な事が起こってしまい
特に秋以降はほぼ練習に行けず(当然ですが)。

そして久々に行った年末に右肘を故障してしまい、腕が曲げられなくなり
完全に登れない体になってしまい、クライミングは長期休養をする事となる。
来年は怪我を治して頑張ろう(^^;)

2013年の室内壁まとめ

2013年の室内壁まとめ。

室内壁のクラックス大阪での練習は、2月連休の山行後の駐車場で転んだ際
右手首を捻挫してしまい、その後しばらくはクライミングを休む破目になる。
この年前半のクライミングはリハビリが中心となり
室内壁もグレード更新どころか、現状維持も出来ない状態。

2月に傷めた右手首が治ってリハビリ後、ようやく登れるグレードが上がってきて
もうすぐ因縁の5.12a/b(水色×)がRP出来そうというところまで来ていたのに
12月初めの練習中に右手薬指を痛めてしまった。
いわゆるパキリというやつです。
これでまた振りだしに戻ってしまった(^^;)
因縁の5.12a/b(水色×)の課題も年末までで
次のホールドチェンジで無くなってしまった…。

結局この年の室内壁では5.11dをRPしたのが最高で
ツエルブ台はRP出来ず。情けない。
来年は指を治して出直しです!

まだ挑戦中です…

クラックス大阪。
基本、週1回のペースで行っております。
それ以外では、月に1回ほど休日に行くという感じ。

さて、以前から挑戦中の課題、5.12a/b(水色×)。
なんと、まだRP出来ていません(^^;)
これだけ登れないとなると、自分の才能のなさを呪いたくなりますね。
しかし、やり続けていれば、いずれ登れると信じて
懲りずに挑戦し続けています(^^)

この日の1回目。
どっ被りを乗っ越すところまでは、今まで散々やってきているので
動きも自動化されていて順調にこなす。ここからがこの課題の本当の核心。
スローパーでマッチから左手をピンチホールドへ思い切り伸ばす。届いた!
続いて、右手カチ→左手カチ→右足をスローパーへ上げて、右手ピンチホールド。
そこで右足と左足を入れ替え、バランスを取ってクリップ→
もう一度足を入れ替え、右手でカチ→丸いホールドでマッチ、まで繋がった!
が、そこで保持しきれず落ちてしまった!
あとは、左手で遠いガバを取れば、右手クロスで終了点、でRPなのに!!

本当にRPまで、あと一息というところまで来ました。
実際、最後のパートを登っている最中、RPを意識していました。
でもその途端、落ちました(^^;)
ここまで来れば、あとは「気合い」だけの問題のような気がする…。

この課題は、今までやった課題の中では一番難しいと感じています。
でもそれだけに、登れた時の喜びはどんなものかと思うと、楽しみです。

右肘や首から肩にかけて、いつも痛かったり、(整骨院の先生曰く)肩甲骨が
少し浮いていたり、腰も意外と疲労していたりと、全身ボロボロですが
この課題は、なんとしてでも登りたい。

体が軽い日

クラックス大阪。

水曜日に行けなかったので、木曜日に行きました。
いろりの人たちはいませんが、SCCの人たちと登る。

右肘は相変わらず少し痛いままだが、先週辺りから限界トライを再開。
今の課題、5.12a/b(水色×)。
今はまだRPを狙うのではなく、ボチボチと無理しない程度に登る
というつもりで触ってみる。

1回目。
スタートから14手終えた後にある、カチマッチを越え、左手ガバ→右手ガバでクリップ。
左足を上げて左手で乗っ越したところにあるスローパーを取り、右手も寄せてマッチする。
右足を左足と入れ替え、左足は乗っ越したところにある遠いホールドへ飛ばす。
次に左手ピンチホールドを取りに行くムーブを起こす前に落ちてしまいテンション。
スローパーでは一度姿勢を立て直さないと次のムーブが起こせない(上へ上がるための
推進力が得られない)が、その前に落ちてしまった。
だって、スローパーでマッチって、めっちゃしんどいよ。
テンションを掛けたまま、しばらくレストしてから登る。
続き。左手ピンチホールド→右手カチでクリップ→左手カチ→右手ピンチホールド→
もう一度右手でカチ→丸いホールドで左手、右手の順でマッチ→左手遠いガバ→
右手クロスで終了点、と一気に1テンで登れてしまった。
長い時間レストしたから腕力が回復していたというのはあると思うけど
ここまですんなりと終了点まで抜けられるとは思ってもいなかった。
乗っ越した後のクリップを1回にして腕力の消耗を防いだのも良かったようだ。
ムーブも繋がってきて、ロスが減っているんだろう。
気楽な気持ちで登ったのも、よかったのかも?

2回目。
1回目と全く同じところでフォール。
しかし今回はそれほどレストせずに登り始めた。
結果、1テンで終了点へ到達。
1回目より疲れているはずなのに、再度1テンで登りきれた。
これは嬉しかった。
あとはテンションした時のレストする時間を短くしていって
最終的にはテンションしないで登れるようになれば、やね!

今日はなぜか、とても体が軽く感じました。
ちょっとだけど、RPが見えてきた気がする(^^)
頑張ろう。でも気負うとダメだったりして…。

あっさりと!

クラックス大阪。

8月末辺りから右肘が少し痛むので、あまり無理しない程度に登りました。
私の最近やってた課題、5.12a/b(水色×)も封印。
でも、こういう限界グレードの課題はちょっとやらないだけで
途端に登れなくなるんやろなぁ~。
あとで取り戻すのが大変になるやろうけど、今はしょうがない。
こういう時は気分を変えて、今まで全く触った事もなかった課題などをしよう。


Y下(よ)さんが来たので、5.8辺りからアップしてもらって
その後、私のアップでリードのビレイの練習をしてもらう。
下で助役さんにチェックしてもらいましたが、特に問題はなさそう。
クライマーから目を離さない、という基本がちゃんと出来ているとの事。
あとはどんどん回数を重ねていけば、さらに上手くなるでしょうね。

登りの方はというと、前回来た時は、5.10aを普通にOSしていたので
この日は、110度壁の5.10a/b(青■)に挑戦してもらいました。
この課題は、最初スラブから始まって途中から110度壁に入っていく。
登り始めは足を張って(ステミングして)傾斜を殺し腕力を温存しながら登り
110度壁に入ってからはダイアゴナルをグリグリ決めながら効率良く登っていく。
OSトライなので、考えながらですが、ノーテンで終盤まで差し掛かった。
結構時間を掛けて登っているので、そろそろ腕が限界かなぁ、と思いながらビレイしていると
なんとかレストを繰り返して凌ぎ、最後落ちそうになりながらノーテンで登り切ってしまった。
これまた無事にOS達成です!
もうちょっと苦労するかなぁと思っていたけど、意外にあっさりとOSしてしまいました。
見た感じ細くて強そうに見えないのに、とても粘り強い。
きっとリードクライミングに向いているんでしょうね。
次回以降は、正面薄被り壁の5.10b(青×)に挑戦してもらおう。
これも、それほど苦労せずいけるかも知れませんね。楽しみだ。

まだまだ伸びそう

クラックス大阪。
いつもと変わらず、いろりのメンバーの方たちが数名来られてました。

新しい課題が数本出来ていたので、簡単そうなやつだけOSトライ。
垂壁5.10a(黒■)。OS。途中のムーブで右膝を出っ張ったホールドで強打!
結構なダメージを食らう…。
右壁5.10c(茶■)。出だしの遠い一手で、なんと落ちる。OS失敗(^^;)
油断せずにやり直したら、難なくRP(当たり前か…)。
この課題でも途中で右膝を強打!さらにダメージを食らう…。
その様子が面白かったのか、見てた人たち、めっちゃ笑ってました(^^)


そうこうしているうちに、Y下(よ)さんが来たので、登ってもらう。
前回、リードでも結構余裕の登りだったので、今日は全部リードでいってもらう。
まずはアップで、スラブ壁の5.8と5.9をさくっとRP。

その後、リードのビレイの練習をしてもらいました。
まだ今は、目俵体育館の講習でトップロープのビレイを練習中(終了はまだ先)なので
少し要領が違って混乱するかな?とも思いましたが、ここではリードのビレイが出来ないと
登る事もままならないので、覚えてもらうしかありません。
いろりの助役さんたちに協力してもらい、しばらくビレイの練習。
ビレイのセンスも良いらしく、助役さん曰く「すぐ上手くなるよ」との事でした。
これからは私がアップで登る時などに、どんどんビレイしてもらおう。

ビレイの練習のあとは、また登ってもらう。
今度は垂壁の5.10aに挑戦する事に。新しい黒■の課題です。
難なく登って、なんとOS!
まだ余裕そうだったので、正面薄被り壁の定番5.10a(水色■)に挑戦。
これもなんとOS!素晴らしい!
薄被りとはいえ、前傾している壁なので、腕力だけに頼っていてはダメで
ダイアゴナルが出来ないと登れない課題ですが、上手くこなして登っていました。
まだどんどん登れそうな雰囲気なので、次回はもうひとつ難易度を上げてみましょう。
まずは、110度壁の5.10a/b(青■)がオススメかな。
それから、正面薄被り壁の5.10b(青×)もいけそうな気がする。
秋にはイレブン台を触ってそうな予感(^^)
すごくセンスのいい人なので、この先どこまで伸びるか楽しみです!


G君は、5.11c(黒×)RP後、今はどっ被り壁の5.11c/d(ピンク×)に挑戦中。
やり始めた最初の頃は、出だしのカチやクロスムーブに少し手こずっていましたが
慣れてくれば、だんだんとムーブが繋がっていきました。
前回は、どっ被り壁を乗っ越すところまでで敗退でしたが、今回はテンションを
掛けながらも突破して、その後、終了点までは、得意の気合いで一気に到達。
見た感じ、乗っ越しさえスムーズにいけば、RP出来そうです。すごい勢い!


私の今の課題、5.12a/b(水色×)。
内容は前回と、ほぼ同様。
難しいところで落ち、しんどいところで落ち、といった感じ。
一番の核心は、後半のクリップ。
どっ被り壁を乗っ越してから、2回クリップするんですが
そのどちらも怖くて上手く出来ない(^^;)
クリップさえ解決すれば、ムーブはしんどいながらも固まりつつあるから
RPも少しは見えてくるような気がするんやけどなぁ。

暑い日には…

誰とも約束していませんが、とりあえずクラックス大阪へ向かう。
予想通り、SCCの皆さんが来ていたので、混ぜてもらう(^^)
しかし、ジム内はめっちゃ暑いなぁ。飲み物がすぐなくなってしまう。

今の課題、5.12a/b(水色×)。
やはりカチ持ちでマッチのところでテンションが掛かる。
まず左手でカチマッチを持って、次に右手を同じホールドに持ってくるのだが
どうも、その時の足の位置が悪いらしく、完全に足が切れてしまう。
やり直して、そのムーブを探る。
右手を出す前に左足を前回やった、クロスでマッチのホールドまで
上げておくといいらしい。
その後は、前回通り、右足はフラッキングで、左手を次のガバへ。
その次、右手ガバでクリップをして、一安心。
ここから本当の核心が始まる。
一手一手、テンションを掛けながら進む。
乗っ越したところにあるスローパーでマッチ→左手ピンチホールドで耐えてクリップ→
右手カチ→左手カチ→右手ピンチホールド、となる。
前回はここまでで敗退でしたが、今回はその続きも触ってみる。
右手ピンチのあと、もう一度右手でカチを掴み、ここでクリップ→持ちにくい丸いホールドで
左手、右手の順でマッチ→左手遠いガバ→右手クロスで終了点、となる。
終了点手前は左にトラバースしていくが、最終クリップが右の方になるので
落ちれば、かなり振られる事となり、めっちゃ怖い。
しかもこの課題、どっ被り壁を乗っ越してからの手数が多い。
今の持久力じゃ、まだまだRP出来そうにないが、もう少し頑張ってみよう。

このクソ暑い時期を頑張れば、秋以降のクライミングに必ず成果があるはず。
なにしろ、この課題、ムーブが面白いし。


さて、この日のクラックスは早々に切り上げて、千里中央にある千里阪急ホテルの
ビアガーデンにSCCの皆さんと行ってきました。
Y縣さんに「行く?」と聞かれたので、迷わず「行きます^^」と答えました。
この日はたくさん汗をかいていたので、ビールが美味かったです(^^)
バイキングも好きなもんばかり取って、いっぱい食べてやりました。


そういえば、最近のSCCの練習では、あるアスリートの方が参加されています。
スノーボーダーの家根谷依里(やねたにえり)さんです。
なんと、トリノとバンクーバーの冬季オリンピックの日本代表選手の一人で
当然、次のオリンピックも目指されているそうです。
今はシーズンオフですので、体幹を鍛えるトレーニングのひとつとして
クライミングを始めたそうです。
まだ始めて2ヶ月ぐらいですが、今はどっ被り壁の5.10dの課題に挑戦中でした。
さすがにその肉体は普段から鍛えているだけあって、筋力には全く問題なしで
あとはムーブ(バランスの取り方)が身につけば、鬼に金棒ですね。
専門外の事でも一生懸命に取り組む、その姿勢と根性は、さすがアスリートですね。

家根谷 依里さんのブログ
http://ameblo.jp/eriyanetani/
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。