スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦艦大和

NHKの「その時歴史が動いた」という番組、たまに見ます。
今回は終戦60年シリーズとして、戦艦大和の生涯を描く内容。
戦史好きの私が見逃すはずがない。
そりゃもうウキウキしながら見ましたよ。
また番組内で使われたCGが結構忠実に再現されてて良かった。

いや~、本当に戦艦大和は美しい!
特に最期の沖縄特攻作戦時の、対空機銃を強化し
ハリネズミと呼ばれた艦橋回りのデザインは実にいい。
機能美溢れるデザインだと思う。

戦艦大和・沖縄特攻作戦仕様のCG。


私の子供は女の子ひとりですが、もし男の子が生まれていたら
第1子は「大和」、第2子は「武蔵」にしようと思ってたぐらいですから。
でもそうすると第3子は「信濃」にせなあかんな。
スポンサーサイト

沢登り体験

23~24日は大阪労山のセミナーの山行の参加しました。
今回は山へ登るのが目的ではなく、沢登りの体験をする
というものでした。
幕営地は比良山系の西側にある葛川森林キャンプ村。

葛川森林キャンプ村にて。


23日は装備の確認とその近辺の川に入り、軽く足慣らし。
その後はロープワークの復習。夕食は班ごとに分かれて
ワイワイと楽しく。
24日は坊村から牛コバを経て林道終点まで歩いていきます。
そしていよいよ沢登り本番。白滝谷という沢を遡行しました。

こんな感じ。(I嵐氏撮影)


第一印象は、水が冷たい!
でも、顔や全身が一度濡れてしまえば
もうどうでも良くなります(^^)
ひたすら前進あるのみ。
水の力は思っていたよりも強く、体力を消耗させます。
また岩で滑って転んだり、すねや腕をぶつけたりして
生キズが沢山できました。

途中、ロープで確保してもらったりして進みます。
う~ん、こういうのもいいなぁ。
熟練者に確保されていると心強く安心して登れます。

沢登りは単独だと危なくて無理だし、今まで行こうとも
思わなかったので、こういう機会で体験でき、雰囲気は
なんとなく分かったような気が。
とにかく楽しかったしね。

槍ヶ岳・その3

さらに槍ヶ岳の続き。

上高地から槍ヶ岳と言えば、超メジャールートで
かなりしっかりと整備されている。
歩くのに特に危険な所は見当たらないのだが
そこはやはり北アルプス。

槍沢の雪渓では、突然岩盤から剥がれた大きな岩が
雪の上を音もなくゴロゴロと転がってきた。
幸い私を含め他の登山者から5~6mほど離れた所を
かすめていったので何事もなかったが結構恐怖を感じた。

槍沢の雪渓では…。


雪渓上をよく見てみると岩がそこらじゅうにある。
これも上の方から転がってきた物のようだ。
ここは落石がしょっちゅうあるポイントなのだろう。

また、雪渓も融けてきて、そこらじゅうに亀裂がある。
運が悪ければ、そこに人が落ちるかも知れない。
落ちれば多分ひとりだと助からないだろう。

今回の山行は天気が良かったが、大雨などで槍沢の川が
増水した場合など登山道は歩けるのか、など思える場所も。

安全そうに見えても実際には危険がいっぱいだ、という事
に気付かされた山行でした。

槍ヶ岳・その2

感動の槍ヶ岳の続き。

今回、槍ヶ岳に行こうと決めたのは、出発2日前の事。
本当は双六岳でテント泊でもしようと考えていた。
1泊2日で行ける範囲にしなければならなかったし。
で、色々な山を調べていると、槍ヶ岳でも十分行ける
らしいと分かった。

じゃあ、行ってみようと。

天気は微妙だが何とかなるだろう。
もしダメなら途中で引き返してもいい。
こういう時、単独だと融通が利く。

槍の穂先から裏銀座を望む。


しかし実際に歩き出すと、先へ先へと進んでしまい
引き返そうなど考えもしなくなる。
バテてしまって、もう限界と思ってもだ。

雷鳥の親子。かわいいね。


山行計画書を作成し、準備も万端だったはず。
でもやっぱり、1泊2日だとスケジュールに余裕がないな。
今度行く時には、もう少しゆったりと行きたいね。

往復42kmの行程。自分でも行けると分かっただけでも
今回の山行は大きな自信となった。

槍ヶ岳

17~18日は北アルプスに行ってきました。
今回、目指す山は尖峰・槍ヶ岳。
ルートは上高地→槍ヶ岳→上高地のピストンで。
大体普通は余裕をもって2泊3日の行程らしいが
土曜日(16日)が仕事だったので、1泊2日の
強行スケジュールとなってしまった。

天気は最高!!!


小屋泊なのに、なぜかザックの重さは20kgほどに。
食料と水が多すぎたようだ。あと、着もしない防寒具も。
そんな訳で1日目は殺生ヒュッテまでがやっとでした。
しかしこの小屋に泊まって正解。
空いていたので、かなり快適でした。
2日目は早朝から槍の穂先へ向かいます。
渋滞もなく、すんなりとてっぺんに。

天気はご覧の通り、雲ひとつない快晴。
槍の穂先からは360度の大パノラマが!

槍の穂先にて。


道中、雷鳥の親子に出会ったり
落石がすぐ近くをかすめていったりと
色々ありましたよ。

ようやくの勝利

モントーヤがマクラーレンに移籍後初の優勝。
シーズンも半分終わって、ようやくの勝利だ。

F1 2005年第11戦イギリスGP。
モントーヤ今季初の優勝!



今シーズンは怪我や不運が重なって、中々勝てなかったが
これで調子に乗ってくれれば、嬉しいんやけど。
同じチームのライコネンが速いから
そう簡単には、いかんやろうけど。

雨ニモ負ケズ

10日は大阪労山のセミナーの山行の参加しました。
天気は梅雨らしく、雨が降ったりやんだり。
今回は山道の歩き方の練習。場所は六甲ロックガーデン。
高校生の時、毎年2月に耐寒登山として登った所だ。懐かしい。
あの時はロックガーデン→六甲山山頂→宝塚と歩いたような。

17年ぶりのロックガーデン。


岩が雨で滑る。まあこれも練習かと思えばいいか。
実際雨の日でも結構山に行ってるし、北アルプスとかでも
役に立つかも。

抜歯後の抜糸

先月30日の親知らずの抜歯の話の続き。
腫れもひいて、痛みもなくなり、やっと出血も止まり
順調に回復しつつあります。

そして6日に抜糸をしました。
家に帰って、鏡で口の中を見てみると…
なんか恐ろしい事に!!
抜歯後の歯茎がパックリと割れて
ポッカリと大きな穴が開いています。
そりゃそうか、メスを使って歯茎切ってたもんな。

こんなん絶対くっつかへんで。
もし食べ物とか挟まったら泣きそうに痛いんだろうな。
困った困った。

梅田をウロチョロ

3日は雨だったので大人しくしておくか、という事で
梅田をウロチョロしてきました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

2~3ヶ月前に買おうかどうか迷ったけど高かったので
買わなかった財布がバーゲンで安くなってるやん。
今回は迷わず購入(^^)v

10年ぶりの新しい財布。


また10年くらい使ってしまいそう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ついでに地下の洋菓子売場でモロゾフのプリンを買う。
嫁さんはプリンは食わんし、娘は大きすぎて食えんらしい。
という事で、私が独占して食ってやった(^^)

大好物のモロゾフのプリン。


ほんとに激美味!
またコップが増えたぜ。

普通に終わった

前回のアメリカGPと違って、今回のフランスGPは普通に終わったみたいやね。
良かった良かった。

それにしても、まゆ毛は強いなあ。
今年は「眉空気嫁」って感じか?

手術完了

先日書いた親知らずの抜歯の件です。
ついに昨日手術しました。
手術といっても麻酔が効いているので
全く痛みもなく、30分程で終了。

しかし、相変わらず血が止まらんわ。
結局、晩御飯は22時頃にならないと食べられず。
しかもガツガツ食えん。腹減った…。

痛みは麻酔が切れてからは痛いのなんのって。
先に抜いた2本の親知らずの時は、さほど痛くなかったので
少し甘く見ていた。
ロキソニンを飲むと、さすがに良く効く。
痛みは治まるが、腫れが酷い。
半分だけ、ちょっと太った人の顔みたい(^^)

抜歯はもう懲り懲りです。
もうないだろうけど。
カレンダー
06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。