東床尾山~西床尾山

今日は但馬にある東床尾山と西床尾山を縦走してきました。

登山開始10分くらいからかなりの急登に。
つづら折れの登りが延々と続き、1時間で400m以上、高度を上げる。
稜線の尾根道に出ると快適に歩けるようになった。

東床尾山山頂までもうすぐ。


東床尾山山頂からは360度の展望が広がる。
天気は悪くなかったが、霞んでしまって遠望は利かなかった。

西床尾山からの下りは強烈でした。
あまりにも急で慎重に下りないと危険な為、スピードが上がらない。
それでも登り以上のペースで下って(落ちて?)いった。
もしこの道を登りにしていたら、きっと音を上げているだろうな。

沢沿いの登山道は荒れていて、道標が流されていたり
橋がなくなっていたりと、結構歩きにくい道でした。
でも登山の基礎が学べるようなこの山、なかなかいいと思いました。
ちょっと遠いけど。

好調?暗雲垂れ込める

先日、某ショップで診てもらった結果は
故障を示すデータは何も記録されてないとの事でした。
何か部品が壊れている訳ではなさそうだ。

が、しかし…。
ハイオクを入れて好調だと思っていたら
やっぱりアイドリングが少しおかしい時がある。
好調な雰囲気を醸し出してるのはエンジン音だけで
実は何も変わってなかったのだ。
症状は先日前述した内容と同じで、エンジン始動後の数秒後に
一度回転がガクンと下がり、その後すぐに持ち直して安定する。
エンストするほど酷くはないのだが、なんだか不安だなぁ。

ちゃんと調べようっと。


思い出した!バッテリーが怪しいかも。
交換してからもう2年以上使ってるし水量なんか
最近全くチェックしてないし。
えらい事になってるかも。ひょえぇぇ~。

でも、確かにエキゾーストノートは気持ちいいよ。

台風一過

いい天気。
会社の室内で仕事していると、もったいないと思う。
外はまだまだ暑いけどね。

青い空(ってどこから撮っとんねん)。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

次の日曜日は久々(2週間ぶり)の山行だ。
8月は仕事に追われて、ろくに体を動かしてないから大丈夫かな?

このスプーンは…

21日はオイル交換とアイドリング不調の点検を兼ねて
某ショップに嫁さんと行きました。

帰る途中、しんかなCITYに寄ってみた。
寂れたショッピングセンターという感じで人はあまり多くない。
晩ご飯を食べた後、チョコレートパフェを頼んだ。
うん、味は悪くない。十分おいしい。
しかし!最後に大問題が発生した。
なんと、スプーンの先が太すぎてカップの底まで届かず
最後まで食べられないのだ!
このスプーンは完全な選択ミスだと思うのだが…。

嫁さんとふたり、店員に聞こえないように大笑いしてました。
あまりにもおかしかったので写真に撮っておいた。

底まで届かない…。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

F1を見ないといけない(?)ので近畿道をぶっ飛ばして
帰宅すると子供が留守番をしてました。
子供は嫁さんの実家(近くだけど)に遊びに行きっぱなしで
ここ何日か顔も見ていなかった(^^;)ので、久々の再会です。

嫁さんのご両親と一緒に高野山に連れて行ってもらって
おみやげを買ってきてくれてました。
まんじゅうとわらび餅、おいしかったよ。

嫁さんのご両親には、いつも子供の面倒を見てもらって
ありがたいと思いつつも、お世話になりっぱなしです。

不調のち好調?

たまにはポロの話でも。
盆休み前の事ですが、2日間ほどエンジン始動直後の
アイドリングがおかしくなった。
また持病か…。
一瞬、5月にスロットルボディが壊れた時の悪夢が甦った。

エンジンは掛かるものの、すぐにエンストしてしまう。
そこでエンジン始動後すぐにアクセルを煽り、少し回転数を
上げてしばらくすると、なんとか安定するようになった。
走行中や信号待ちの時も回転数が下がり過ぎないように
左足ブレーキを使う。スロットルボディが壊れた時と同じだ。

何週間前から前兆はあった。エンジン始動後の数秒後に
一度回転がガクンと下がり、その後持ち直すというものだ。
しかし、おかしくなった原因は結局よくわからない。
スロットルボディは換えたばかりだし。

だが2日もすると、なんとかかんとか普通の状態に戻ってきた。

よーわからんわ。


とりあえず、ガソリンを普段のレギュラー(6N前期型ポロは
レギュラー仕様なのだ)からハイオクにしてみた。
パワーアップなどはしないがエンジン内部の洗浄効果が
あるようなので、久々に入れてみた。
この原油高騰の時期に少し痛いがしょうがない。

すると、どうだ!
なぜか好調な気がする。
マフラーから聞こえる音が明らかに違う。
軽やかになった感じ。なんだか嬉しい♪
アクセルを踏む足がいつもより床に近くなる(^^)

もう少し、これで様子を見るか。

北穂高岳・その2

今回の山行は、大阪労山のセミナー修了山行という事でしたが
その事について少し感想などを書こう。

セミナーの名称は「夏山ハイキングセミナー」。
ハイキングと聞くと、お気楽に聞こえますが
実際は、これってハイキング?!という内容でした。
しかし、ためになる事を沢山教わりました。
覚えてるかどうかは別ですが…。
まあ今後の山行に少しずつでも生かせたらと思います。

山頂までもう少し。


私は単独行も好きですが、今回のセミナーでは沢山の人と
ワイワイと楽しい山行ができました。
知り合いの輪も広がったかなぁと思います。

奥穂高岳と青空。


このセミナーでは技術的な事はもちろん沢山教わったのですが
それ以上に精神的な事を教わったように思います。

低山でもアルプスでも山は危険がいっぱいだと意識する事。
その危険に対応できる装備や心構えをしておくという事。
そして、いざという時は仲間同士で助け合うという事。

きっと今後の山行へと、つながるであろうセミナーとなりました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

校長、コーチ・スタッフの皆様、他のセミナー生の皆様
大変お世話になり、ありがとうございました。
そして、これからも何卒よろしくお願い致します。

北穂高岳

13~15日は前述した通り、北穂高岳に行ってきました。
3日間のうち、殆どが雨でしたが、涸沢に滞在中は天気も比較的良く
14日に北穂高岳に登っている間も雨・ガスは最初の方だけで
後はカンカン照りの晴れの天気になりました。
涸沢から下山中、本谷橋までの間は本降りの雨でしたけど。

涸沢小屋より前穂高岳と奥穂高岳を望む。


山頂からは、ほんの1分間ほどでしたが、槍の穂先も見えました!
大キレットも良く見えるので、覗きこんで見ましたが怖い所やね~。
今はまだ無理ですが、いつかあんな所を歩けるようになりたいです。

北穂高岳山頂より槍ヶ岳を望む。


この北穂高岳、少し甘く見てました。
実際は、かなりきつい上り下りでバテました。
緊張感を持って歩く時間が長いので心身共に疲れます。
先月1泊2日で登った槍ヶ岳の方がまだマシだったと思うぐらい。

今回の山行は自分に全く余裕がなくて、同じ班の人や
スタッフの方に迷惑掛けっぱなしでした。
いろいろ助けていただきまして、ありがとうございました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

山人メンバーのやっちゃんとも涸沢で出会えたし。
あれだけ人が沢山いたのによく出会えたもんだ。

穂高行き

13~15日は連休を利用して大阪労山のセミナー修了山行の
北穂高岳に登ってきます。今晩出発です。
今年のセミナー生は参加率が高く、コーチ・スタッフの方を含めると
30人以上の団体に。もちろん、どこかのツアー登山とは違いますので
全員一緒ではなく、班分けして少人数での行動となります。

ルートは一般的な
13日:上高地→横尾→涸沢
14日:涸沢→北穂高岳→涸沢→横尾(又は徳沢)
15日:横尾(又は徳沢)→上高地
です。

横尾大橋。これを渡ると涸沢方面へ。


しかし天気が心配だ。
今まで2回北アルプスに行ってる(5月と7月)けど
共に山行中は最高の晴れの天気だった。
もし今回、ガスガスで何も見えないとかだったら
ちょっとガッカリかも。

のんびりした休日

7日の日曜日は久々にのんびりした。
朝も11時ぐらい(もう朝ちゃうな昼やな)まで寝てたし。

それから、実家の最寄り駅近くの美容院に散髪に。
高校時代から通っている所で、今さら他の所には行けないのだ。
夏らしく、すっきりと短い目に。

ついでに実家にも寄っておく。
クルマから降りると結構涼しい。
実家の前がすぐ山という事もあるのだろうが
日陰だと全然暑くない。
少し近所をうろついてみた。
時刻は午後2時頃。さすがに誰も外に出ていない。
異様なほど静かでした。

実家前の山。


実家前の山に登る(と言っても高さ10mぐらいだが)と
標高110mぐらいですが、とても見晴らしがいい。
枚方・高槻方面が一望できるんです。
6月に登った交野山もよく見える。

実家前の山から交野山を望む。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

夕方になって吹田に戻ってきた。
やっぱり暑い。暑すぎる!
同じ大阪で、こうも違うのか。

吹田の空も青い。


それから、山田にある大型商業施設に嫁さんと出かけた。
外は炎天下なので、屋上以外の駐車場は満車で
今回初めて屋上に駐車する事になってしまった。

吹田市山田から見た夕暮れ。


帰る時、屋上に上がると夕暮れの空がとても綺麗に見えた。
きっと屋上に停めなかったら気付かなかったんだろうな。

思わぬ所で花火

残業が終わって、さあ帰ろうかという時
突然、外から大きな爆発音がした。
外に出てみると、なんと花火が上がってるやん♪

花火は撮るのが難しい。


会社近くの八尾空港で上げているようだ。
会社の3階に上がると良く見えて綺麗だね~。

忙しくない時期なら定時で帰ってしまうので
この花火は見れなかったはず。
少し遅くまで働いた自分へのご褒美だと思おう。

トレーニングのはずが

先月31日は大阪労山のセミナー修了山行の穂高に向けての
トレーニング山行として、有志で蓬莱峡に行きました。
蓬莱峡にある岩場でトラバースの練習中、雨が降ってきた。
段々と強くなり、ついには大雨に。
しかたないので練習を切り上げたが、時間が早すぎるので
廃線跡を歩いて武田尾駅まで行く事になりました。

雨の中、廃線跡を歩く。


廃線跡は初めてだったので、真っ暗なトンネルや
枕木が残る道など、新鮮で楽しめました。

ザックの重さは15kgぐらいにしていたので
軽いボッカ訓練になりましたよ。

セナの記録にリーチ

ハンガリーGP予選でフェラーリが、なんと今季初のPPを獲得。
13戦目にして、ようやくである。久々の会心のアタック!
これでM.シューマッハは通算64回目のPP。
アイルトン・セナが持つ65回の最多記録にあと1回となった。
いずれ更新するのは間違いないところだが、セナが
亡くなってから10年以上破られなかった記録だ。
回数が並んだからといっても、セナは出走回数が圧倒的に少なく
PP奪取の確率は全く違うので単純に比較はできないけどね。

F1 2005年第13戦ハンガリーGP予選。
M.シューマッハ今季初のPP。



決勝では結局勝てなかったが表彰台フィニッシュを果たす。
フェラーリ復活のきっかけとなるか?
カレンダー
07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム