春からは

やっと最近になって今後の身の振り方について定まってきた。
詳細はまあいいとして。

※写真と本文は関係ありません(^^)


これで春からは気兼ねなくガンガン山に行けるぞ~!

六甲・打越山

25日はハイキングクラブげんごろうの例会山行に参加させてもらいました。
雲ひとつない快晴の中、のんびり気持ちよく歩いてきました。
六甲・岡本の打越山から十文字山へ下りてくるルートです。
ポンポン山の後、珍しく風邪をひいてしまい体調がいまいちだったので
きつくないこのルートは助かりました。

十文字山からなんとか寺(調べてない)を望む。


梅も綺麗に咲いていました。


そういえば、ご一緒したげんごろうの新人の会員さん(女性で大体同世代?)。
以前どこかで会った事あるなぁと思って話していたら、思い出しました。
一昨年秋に山人(やまんちゅ)で一度だけ一緒に山に登っている事が判明!
お互いびっくりしてました。まさかこんな所で再会するとはね。

初ポンポン

21日は大阪労山の有志山行でポンポン山に行ってきました。
リョウブの森にひっそりと咲く福寿草を見てきました。

リョウブの森に入るには許可が必要で、オーバーユースに
ならないようにしているようだ。
福寿草が咲く場所へは特に案内もなく、事前に調べておく方が
いいようだ。実際この時は500mぐらい行き過ぎてから間違っている
事を通りすがりの人に教えてもらい、引き返しましたから。

リョウブの森の福寿草。


福寿草の後はポンポン山山頂を経由して下山。
私は初めてのポンポン山でしたので、ポンポンしておきました。

ポンポン山山頂。


下山はバスの時間に間に合わせる為、途中から猛ダッシュ!
ちょっと疲れました。

花柄ポーチ

12日は雨だった為、梅は諦めて梅田をぶらついてきました。
前から娘が欲しいと言っていたウエストポーチを購入。
色はなんと花柄!ええ感じやん。
私が使っているモンベルのポーチの3倍の値段。
う~ん、贅沢すぎるか。

グレゴリーの新柄らしい。


でも大きさがちょうどよく、使い勝手が良さそうだ。
たまに借りるか。フフフ…。

見えない小女郎ヶ池

今日は大阪労山の有志山行で比良山系に行ってきました。
雪に埋もれた小女郎ヶ池が目的地です。

天気は雲ひとつない快晴。

JR蓬莱駅より比良山系を望む。


気温は暖かく、歩いていると暑い。もう汗だく。
雪はここ2、3日寒かった時に降ったと思われる新雪が
積もって真っ白で綺麗だ。
しかし今日は登り下り共にアイゼンなしで行動した。
今日のこの雪だとアイゼンがない方が歩きやすい為だった。

小女郎峠手前の急登。


小女郎ヶ池は雪の下で見えません。


下山途中、小女郎峠より少し下った所の脇の急斜面を
キックステップで登る練習を。

小女郎峠より少し下った所で遊ぶ。


斜度は余裕で45度以上。というか壁だな、ありゃ。
落ちたらタダではすまないので必死に登りましたよ(^^)
今回は練習なので良かったが、実際あれぐらいの斜面を登る
場合は、アイゼンとピッケルがあれば安心して登れるだろう。
で、登りきった所から少しトラバースして元の場所へ降りたのだが
そっちの方も危なくて緊張した(^^;)
実際、登りより下りの方が危険で難しい場合が多いし。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

前回の伊吹山と今回の比良の山行では、久々に
膝のサポーターを着けないで歩いてみました。
その結果、前回の伊吹山ではギリギリ大丈夫な範囲でした。
今回は下りの林道歩きは少し堪えたが、前回よりはマシで
腸脛靭帯炎は起こりませんでした。
ちょっと不安だったが着けないでも、なんとか大丈夫のようだ。
この後もとりあえず無しでいってみよう。

開花遅し

梅の季節だねぇ、と思って開花状況を調べてみたら
早咲きの梅でもまだ見頃じゃないとの事。

万博公園の梅林にて。


写真は昨年2月末に万博公園で撮ったものです。
この木は蕾も多いけど、全体的には中々見頃でしたけどね。
今年の冬はかなり寒かったから、その影響かな?
早く咲かないと桜とダブっちゃうんじゃないか。

でも、もうすぐ冬が終わるかと思うと少し寂しい気分。
カレンダー
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム