スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記録更新!

ETCのゲート通過速度もついに上限に近づいてきたか。
95km/hで通過したらバーの開くタイミングが結構ギリギリに感じた。

バーは怖くないけど、ゲート通過時にスピードメーターを見てる方
が危ない(目線が下になってるから)と思った。

まったり(?)走行中。


危険なので、やめましょう(^^;)
スポンサーサイト

お釈迦様は?

27日はなるちゃんと大峰の釈迦ヶ岳へ行ってきました。
黄砂の影響で遠望は利きませんでしたが、いい天気で爽やかでした。
登山道は行者還岳付近の大峯奥駆道と同じ雰囲気でとてもいい感じでした。

山頂の釈迦如来像は現在修理のため、下山中との事でした。
まあ、いないのは知ってたけど、それはそれで珍しいので別にいいかな。
ちなみに6月中には帰ってくるそうです。

釈迦ヶ岳山頂。意外と狭かった。


青い空。山頂を見上げる。


新緑の季節。


日陰に入ると涼しい。


稜線はこんな感じの道。右に見えるピークが釈迦ヶ岳です。


しかしここも大台ケ原と同様、木が少ない。
立ち枯れの木が目立つ。鹿の食害かも知れない。
所々で見かけたし、この辺りにもたくさん生息しているんだろう。

ズタボロ車

仕事の打ち合わせの後、車で会社まで送ってもらった。

しかしその車がすごかった…。
あまりにもすごいので、思わず写真を撮っていた。
車内は埃だらけでゴミ箱みたいに汚れてるし。

ミラーがないっ!


軽トラですが、荷台の側板(?・バタッと折れる板)のヒンジが
片方なくて、プラプラしてたり(いつ落ちるか分からない)。
走っているとバラバラになりそうな車だった。

良かった。生きて帰れて(^^)

電車通勤してみた

今日は山の会の集まり(例会)があるので、電車で通勤しました。
なぜ電車かというと、車だと例会終了後の飲み会反省会で
生中が飲めないからだ。おいおい、なんちゅー理由やって?
車通勤の私は、いつもうまそうに生中を飲むみんなの顔を見ながら
奥歯をギリギリいわせて我慢してましたから。

…というのは冗談で、本当はそんなにのんべえじゃないので
全然余裕で我慢できるんですが、まあたまには飲もうかと。


会社まで最寄り駅から歩いて何分かかるかを調べた(こっちが本来の目的)。
普通に歩いて(そんなにゆっくりではない)なんと25分もかかった!
自宅の最寄り駅からの時間と同じということは距離にして2km以上か。
歩くのはもちろん全然しんどく感じないけど、時間がもったいない。
かといって走って汗だくになるのもイヤやしなー。

車通勤より30分以上も余計にかかってしまう。
わすか30分の為に二酸化炭素を出し続けるのかと怒られそうだけどね。

しかし、今日の朝は大雨のせいでビショビショになった。
何もこんな日に駅から歩かなくても良かったか。

ゴリゴリ

昨日、久々にPUMP大阪に行った、その帰り。
駐車場の出口の段差がイヤな感じ。
でも、そこしか通るところがないので構わず行く。

すると、予想通り「ゴリゴリッ」と結構すごい音が!
フロントリップスポイラーが地面に擦る音だ。

たった3~4cm車高が下がっているだけで、こんなに擦るなんて。
後ろのマフラーはよく擦るので全然気にしないが、前が擦るのは初めてかも。

車止めにも当たりそう。


今日、明るくなってから見てみると、見事に塗装が剥げてる…。
まあ、下の方なので、あまり目立たないけどね。

暑すぎ

暑い…。
もう夏やね。
窓全開でも暑い。

仕事はデスクワークなんで、見た目はもうどうでも良くって
上はTシャツ1枚、足は靴下も脱いで裸足に。

こんな感じ。


ちょっとはマシになったかな。

戻ってきた

20日は5月例会山行で、金勝(こんぜ)アルプスに行ってきた。
ここは自分が「山登り」と意識して登った、初めての山だ。
実際には武奈ヶ岳が最初なのだが、途中で捻挫して早々に引き返したので
捻挫が直って行った最初の山が、この金勝アルプスだった。
(ちなみに武奈ヶ岳はその1ヶ月後に行きなおした)

懐かしい山に戻ってきたという感じ。

天狗岩から見る琵琶湖。その向こうに比叡山も見える。


いい天気でした。


栗東のトレセンが見える。


ここへ来たのは2年以上前で、登山道の様子はあまり変わってないが
綺麗に整備されてて歩きやすい。
新名神高速道路の工事は前来た時からあまり進んでいないように見える。
完成すれば便利なんでしょうが、ものすごい自然破壊だね。

風は意外と冷たく、ボッカしていて熱い体にはちょうど良い感じ。
新緑が綺麗で爽やかな山行でした。
夏は暑すぎて行けなさそうな山ですが。

乗りっぱなし

大修理後のポロは調子いいんですが、乗りっぱなしだった。
オイル交換もせずに走り続けてたなー。
ということで、会社帰りに某ショップに行く。

久々に来たら、ピット部分が改装されて大きくなっていた。
そういえばこの前、仕事で店の前を通った時、ちらっと見たような。

ショップのピット前にて。


エンジンの回転もスムーズになったし、また気持ちよく走れそう。

プチ祝い

今日は会社帰りに実家に寄ってきた。
先週末に父が退院したのだが、まだ顔を見てなかったので。
退院時の付き添いやその他諸々を兄に任せきりだった。申し訳ない。

父は花が好きなので、何か買ってから行こうと花屋へ。
大きい胡蝶蘭はべらぼうに高いので小さいやつを。

ミニ胡蝶蘭。中々かわいらしい。


ラッピングしてもらった。


とりあえず、当分の間はのんびりしてて下さいな。

登って降りて

13日は久々の山行きで京都の金毘羅山に行ってきました。
といっても歩くのはほんの少しで、あとは登ったり降りたりしていました。
実質初めての岩場。元々高所恐怖症なので、ちょっと緊張…。

Y懸の頭からの眺望。向こうに比叡山が見える。


ギア類片付け中。


今回はけいちゃん、くまちゃんに色々と教えてもらいました。
岩場自体は特に難しいことはなく、今回はシステムの理解に重点を置き
ダブルロープを使ったマルチピッチの登り方と懸垂下降の練習をしました。
また繰り返し練習しないとすぐに忘れそうだ。

しかし、セカンドで登るのは上からの確保があるので安心感があるが
トップで登るのは基本的に落ちられないから、とても緊張しました。

ちょっと歩いて

4日はこの連休唯一のお出掛け、というか
ちょっとだけ山道を歩いてきました。
実家から近所の山を通って府民の森・ほしだ園地へ。
夕方に病院へ行く予定だったので、それまでに
実家に戻れる行程を選びました。

私と娘と、久々に兄夫婦と姪っ子(姉)甥っ子(弟)も一緒に。
姪っ子は幼稚園時(今は小学生)にフルマラソンや
富士山登山を経験していて、体はかなり健康そう。
今でも幼稚園OB・OGの登山イベントでよく歩いているので
どんな道でも全然余裕でついてくる。
今度どこか一緒に行ってもらおうかな。
この子ならダイトレ縦走大会でも余裕で完走できそうだ。

展望スポットから見る星のブランコ。


星のブランコを渡る。


星のブランコを定番のアングルで撮る。


新緑が綺麗。


また一緒に行きましょう。

南星台の変化

連日の交野行き。
犬の散歩のついでに写真でも撮ろう。

昨日と同じアングルで撮る。


家が多くなったなぁ。


南星台もここ数年でかなり家が増えた。
昔は空き地だらけだったが、今はほぼ全ての区画に家が建っている。
小学生の夏休みにラジオ体操をしていた広い空き地も、今は家が
建ってしまい、なくなっていた。
今はどこでしているんだろう?

子供の頃、遊んだコンクリートの山。


コンクリートの山。
昔はもっと高く、上まで登ると断崖絶壁になっていて
危ないけど見晴らしが、ものすごく良かった。
今は崖崩れ対策のため、かなり削られて低い山になってしまった。
登る子供も見かけないし。
というか、外で遊ぶ子供そのものが少なくなったように感じる。

長い休みだが…

どこにも行けないので、交野の写真ばかり載せておこう。
まあ冗談ですが。

南星台のビオトープ。


南星台の外れにあるビオトープ。
夏にはホタルの乱舞が見られます。
今の時期は人が立ち入って荒らさないように保護されています。

南方向の山を見る。


南方向の山。北山師岳などの山が並ぶ。
尾根上には縦横無尽に迷路のように道がある。
また行こう。

枚方方面を望む。


今日は雨上がり、空気が澄んで遠くまで良く見えました。
交野山も北摂の山もとても近くに見えました。
夜、帰宅時、下界を見ると夜景もとても綺麗でした。

ちなみに南星台の詳細は下記HPで見れます。
南星台のHP
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/nanseidai/
カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。