スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳冬の明神平

23日~24日は会の山行で明神平へ行ってきました。
参加者は5人。

気になる天気は、北日本にある爆弾低気圧の影響で強い冬型気圧配置と
なり、冷たい北風が吹き荒れる週末になるでしょう、という予報でした。
朝8時に大阪市内に集合後、登山口に向け出発する頃は前日の天気同様
曇りながらまだ暖かく、そんな兆候は全く感じられなかった。
しかし大又の登山口に着く頃には天気は急変。
雨は本降りで強風が吹き荒れる天気に。
そこで本来は明神平でテント泊をする予定でしたが、変更する事に。
登山口近くにある東吉野村営「ふるさと村」の宿泊施設に泊まって
様子を見て翌日日帰りで明神平へ登る事になりました。
ここは素泊まりは出来ないのでテントで晩に食べるはずだった食材が
余るので、この日の昼食として食べる事にした。
この施設にはテントサイトもあるため(夏期のみ営業)炊事棟がある。
火を使う調理はこの炊事棟で行うとの事で、吹きっさらしで寒い中
2時間もかけて鍋を食べました。
その頃になると気温が下がってきたのか、雨は雪に変わって吹雪に。

強風の中、昼食。炊事棟で食材を消費する。


薊岳ではなく「薊」に泊まりました。


寝ながらも外の天気が気になる。
ビュービュー唸る風のすごい音がする。

ところが翌朝、天気は曇りながらも風は収まっている。
という事で、明神平へ向かう。

明神平へ向かう登山道の霧氷。


登山口から明神平の方を見上げるが、上の方はガスって見えない。
多分かなり荒れているんだろうという事は予測できた。
明神平手前から一段と寒くなってきて霧氷も大きくなってきた。
そして、明神平に到着。

明神平到着。真っ白…。


元スキー場だけあって開けた地形。


小屋の横で日帰り組を待つ。


立派に成長した霧氷。


まるで冷凍庫の中のよう。


ここが奈良県とは思えない風景。


白一色の世界でした。


明神平はとにかく厳寒の地でした。
この日は日帰り組3人も明神平で合流する予定だったので
5人ツエルトに包まりながら軽く食事をしながら待つ。
1時間半ほど待ったが来ない。さすがに寒いので歩いて体を温める事に。
少し周辺を散策(ホワイトアウト状態で展望は殆どなかったが)した後
下山を開始。下りだして少し行ったところで日帰り組とすれ違う。
下山後、ふるさと村横にある「やはた温泉」に入ってから帰りました。
スポンサーサイト

例会山行・虚空蔵山

17日は2月例会山行で丹波の虚空蔵山へ行ってきました。
参加者は6人。

ルートは下見時と同様で
JR藍本駅10:40→表参道登山口11:02→虚空蔵堂11:23→虚空蔵山12:14→
鉄塔鞍部12:45~13:08→八王子山13:37→P417 14:17→山上山14:35→
S野邸横15:14→JR草野駅15:27
でした。

私はルートを分かっているので、今回はあえて先頭を歩かずに
他のメンバーに歩いてもらいました。
みんなにも考えながら歩いてもらおうというわけです。
虚空蔵山から八王子山へ向かう途中にある鉄塔のある鞍部からの
登り返しのポイントでは、やはり下見時の私同様、違う道へ。
ちょっとだけ行って、すぐに正規ルートに戻りましたが
他のパーティの人たちも間違えてたようなので、分かりにくい
ポイントなんでしょう。
道なりに歩いてると知らない間に違う方向へ行ってしまう。そんな道です。

天気は時々雪が降ってましたが、大体が晴れで春みたいな良い天気でした。
でも立ち止まると結構寒い。
残雪は北斜面に少し残る程度。アイゼンをつけるほどではなかったが
所々滑りそう(滑ってた?)になる場面もありました。

歩いてきた稜線を振り返る。


岩の多い山です。


岩場で登下降の練習を。


見晴らしのいい岩場。後ろは吹雪いてます。


最後の方にある岩場では少しだけ登下降の練習など。
みんな「岩登りはあんまり好きじゃない」と言いつつ、喜んで登ってる。
この会は自覚症状のない人が多いようで…。

雪の金剛山

11日は金剛山へ行ってきました。

予定では10日に会の山行で比良の堂満岳で雪まみれになるはず
でしたが、前日に風邪で体調を崩してしまい休む事に。
丸一日休んでかなり良くなったので、11日は気軽に行ける
金剛山へ行く事にしました。
こんなに雪が積もった金剛山へ行くのは初めてだし、久々に
写真でも撮りながらのんびり歩きました。

真っ白になった転法輪寺の木々。


青い空。


こう見ると寒そうだが実際は寒くない。
長TシャツのみでOK。



葛木神社裏のブナ林。大和葛城山も見える。


日陰はまだ真っ白け。


日が当たっても真っ白け。


ちはや園地の展望台より大峰山脈を望む。
この日は空気が澄んで遠くまで見渡せました。



中葛城山にて。


この日は空気が澄んでいたのか遠くまで綺麗に見えました。
大峰山脈(八経ヶ岳、大普賢岳など)、高見山、三峰山…。

大阪でも積雪

今年は中々寒く、雪が多い。
山へ遊びに行くには雪がどっさりで良い年とも言えるが。

9日は大阪の平野部でも久々に雪が積もりました。
朝、会社に着いた時はまだ雪は降ってなかったが、しばらくして
勢いよく降ってきました。

白くなっていくポロ。


外を見ると、みるみる積もってくる。
おぉ、帰りの車の運転、大丈夫かいな?チェーンも持ってないし。
と心配していたが、帰る頃には幹線道路の上はすっかり融けていた。
家の近所だけは結構残っていて、ゆっくり走りました。

下見の山行

3日は今月の例会山行の下見のため、丹波の虚空蔵山へ行ってきました。

天気予報では雨の確率が高く、晴れ間は期待できなさそう。
そんなテンションの低さを表すように朝寝坊してしまった。
それも1時間半!
まあそれでも急いで歩けば間に合う時間だ。
ということで用意をして家を出る。
時間が遅くなったおかげ(前向き)か雨はほとんど止んでいる。

JR藍本駅到着は11時16分。当然回りには誰もいない。
ここは綺麗なトイレがある。

ルートは
JR藍本駅11:25→表参道登山口11:47→虚空蔵堂12:05~12:18→
虚空蔵山12:54→八王子山13:50→山上山14:29→S野邸横14:54→
JR草野駅15:07
でした。

虚空蔵山山頂手前でこの日唯一の登山者とすれ違う。
今回は登りの途中から軽アイゼンを着けたが、岩が多い道で
結構歩きにくかった。これなら12本爪の方が良かったかも。

積雪は山頂で10cmほど。


八王子山へ向かう道に踏み跡はなく、鉄塔のある鞍部から尾根を
直登するはずが、関電保守用のトラバース道へ行ってしまう。
そちらからでも行けるはずだが、今回予定しているルートと違うので
鞍部まで戻り予定ルートを進む。
しかし中々歩きにくい道だった。雪で地面は見えないし、木が多く
道が不明瞭なのでテープだけが頼りでした。

進む先には動物の踏み跡のみ。


後半は木の枝に積もった雪が融けて落ちてくるので
雨が降っているのと同じ状態に。
下の雨具は着てなかったのでズボンがずぶ濡れになりました。
やはり雪がある時は積雪量に関係なく上下雨具着用が良いです。

10mほどの岩場を下る。


最後はS野邸横から道路にひょっこりと出る。
こちらから取り付く場合は道標などがないため、少し分かりにくい。
しばらく歩くとJR草野駅へ到着。
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。