のんびりアルプス

14日~16日は会の盆休み山行で北アルプスの岳沢から前穂高岳に行ってきました。
本来は奥穂高岳から北穂高岳へ縦走する予定でしたが、悪天候のため変更。
でも、のんびり出来て楽しい山行でした(のんびりしすぎたかも)。
参加者は5人。

ルートは
14日:上高地→岳沢
15日:岳沢→紀美子平→前穂高岳→紀美子平→岳沢→上高地(小梨平キャンプ場)
16日:小梨平キャンプ場
でした。

14日朝、上高地を出発。岳沢へ向かう。
天気は下り坂の様子。今までずっと晴れの日が続いていたのに
なんでこの週末だけ天気が悪いのっ。
一昨年の雪害で岳沢ヒュッテは休業中(再建のメドはない?)で
今年は売店などは無しとの事。
岳沢のトイレや水場は無いものと思っていたが、上高地インフォメーションセンター
の情報によると、トイレは仮設のものがあるとの事。
とりあえず岳沢ヒュッテ跡に到着。天気が悪くなりそうなため、この先には
進まない事に決定。テントを張ろうとしたところ、遭対協(遭難対策協議会)
のパトロール員がいて「ヒュッテ跡は幕営禁止です」と言われる。
まあ立て看板にもそう書いてあるので、当然そう言うだろう。
ただし、その後に「5分ほど上がった所にあるテント場なら良いです」
と言われる。要はあまり目立つ所には立ててくれるな、という事です。
さらに別のパトロール員からは「次からは計画をよく考えて下さいよ」と言われました。
今回は見逃すけど次からはダメですよ、との事です。うむ、反省。
気になる水場は、なんとありました。
遭対協の人が、わざわざパイプを引いて使いやすいようにしてくれました。
ありがとうございました。

上高地から穂高連峰を見るが、雲で見えない。


岳沢ヒュッテ跡から上高地を見る。


岳沢ヒュッテ跡のテント場で幕営。この後、大雨が降る。


岳沢(普段は涸れた沢)に轟音と共に濁流が流れる。


涸れていた滝沢大滝にも大量の水が流れる。


しかし今回は、まさかの所で痛い目にあった。
テント場(平坦)で思い切りコケたんです。
膝を強打して血は出るは、手をついた時に指を捻挫するはで、散々でした。
歩いてる時はコケないように気をつけるけど、まさかこんな所でコケるとは。

夜中も大雨が降っていて、テントを叩く雨音で目が覚める。
15日朝になっても小雨が降り、回りはガスガス。
天気は悪いし、怪我したところも痛いし、テンションが下がる。
とりあえず前穂高岳だけ往復して下山する事に決定。
朝食を済まし、必要な荷物だけ持って、重太郎新道を登る。
軽い荷物とはいえ、中々厳しい傾斜の道だ。
わずか1.3kmで700mも高度を上げるんだから当然といえば当然か。

紀美子平からは一般道を通らず、ちょっと変わったルートで上がる。
浮石だらけで中々スリリングな道でした。

前穂高岳山頂に到着。


紀美子平へ下降。


紀美子平から前穂高岳を見上げる。


岳沢へ戻ります。


下山は普通に紀美子平へ。
そして岳沢に到着後、テントを撤収して、上高地へ下山する。
この日は小梨平キャンプ場で泊まって、のんびりする事に。
しかし夜遅くまで騒いでる若者が多く、山の中のテント場とはやはり違いました。

16日朝、帰る頃にはすっかり晴れの天気に。
1日違いで、えらい違いだが、しょうがない。
こんなのんびりするのも、珍しいのでまあ良いでしょう。

綺麗に穂高連峰が見える。

八淵の滝で涼む?

10日は会の山行で比良の八淵の滝に行ってきました。
参加者は6人。

川沿いの道はさぞ涼しいだろうと期待して行きましたが
確かに滝つぼ辺りや川のすぐそばは涼しい。
しかし、少しでも水辺から離れるとかなり蒸し暑い!
これなら沢登りの方が良かったかも。

ルートは
ガリバー青少年旅行村→八淵の滝→スキー場跡→八雲ヶ原→金糞峠→
イン谷口→JR比良駅
でした。

川沿いを登ったり下りたり。


川沿いの登山道は岩場を登ったり下りたりしますが、危険な箇所には
鎖や足場が完備されているので、特に問題なく通過できます。
渡渉箇所は濡れた岩で滑ってドボンとならないように注意。
まあ暑いので落ちても気持ちいいかも。

スキー場跡に到着。右奥に武奈ヶ岳が見える。


八雲ヶ原。池が涸れそう。


滝めぐりの後は、さらにひと登りしてスキー場跡を抜けて八雲ヶ原へ向かう。
八雲ヶ原といえば、スキー場が廃業してゲレンデを作っていた土砂を除けて
湿原を回復している。
雪がない状態(今年3月に通った時は雪の下だった)を見るのは初めてだが
まだまだ回復半ばといった感じ。この暑さで池の水も涸れそうだ。

真夏のダイトレ

3日は会の山行でダイトレの久留野峠から紀見峠を歩いてきました。
今回は大阪労山ハイキングセミナーのトレーニング山行に同行しました。
セミナー生の大半は前日から金剛山でキャンプをしていて
我々日帰り組とは中葛城山辺りで合流となりました。

ルートは
金剛山ロープウェイ前バス停→久留野峠→行者杉→山ノ神→南海紀見峠駅
でした。

金剛山ロープウェイ前バス停から久留野峠へ上がる道は全域コンクリート舗装
されており、ひたすら直登することになる。傾斜はどんどん増して、峠近くになると
「ホンマに車が上がれるんかいな?」という感じの傾斜の道になる。

金剛山から紀見峠へのダイトレは、距離はそこそこあるものの
下り基調の道なので、それほど疲れません。ただ夏は暑さにやられそう。
セミナー生も初めて歩くダイトレの距離と暑さで後半は少しお疲れ気味のよう。
大人数のためか、歩くペースが遅い。これはこれで逆に歩きにくかった。
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム