スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

階段天国

23日は会の山行でダイトレの二上山から金剛山を歩いてきました。
参加者は5人(内2人は岩橋峠から別ルートへ)。

10月26日に行われる大阪労山のダイトレ縦走大会に初めて出る為に
前もって下見をしたいという、会のメンバーの計画があり、それに私も参加しました。

ルートは
近鉄当麻寺駅→二上山→岩橋山→大和葛城山→金剛山→金剛山ロープウェイ前バス停
でした。

今年のダイトレ縦走大会、所属会はゴール受付担当に当たっており
その作業の為に私は歩く事ができないし、久々にあの階段天国(地獄?)を
歩いてみようと思ったからです。

初めてダイトレを歩くというメンバーが2人いたので、ペースは少しゆっくりめ。
そして大和葛城山へ到着。2人共、まだまだ元気です。
しかしそこから水越峠への下りと金剛山への登りの階段がちょっと堪えたようです。
「でも40kmコースなら、ここから紀見峠まで、まだ15kmはあるで~」と
脅しておきました(^^)

大和葛城山への階段。


爽やかな秋晴れの日。


大和葛城山より金剛山を望む。
スポンサーサイト

5回目の車検

5回目の車検を受けました。
今回は交換部品が少なく、出費も少なめで済みました。

つーか、大概の故障は経験済みだもんなぁ。
逆にあとどこが壊れるところが残ってる?という感じ。

12年目に突入。


走行距離は21万5000kmほど。
でも、車体はしっかりしている車なので、まだまだ乗れそう。

初・南アルプス

13日~15日は会の人、計3人で南アルプスの塩見岳に行ってきました。
私にとって、初めての南アルプス。

ルートは
13日:
鳥倉林道ゲート・駐車場→豊口山分岐→三伏峠小屋
14日:
三伏峠小屋→本谷山→塩見小屋→塩見岳→塩見小屋→本谷山→三伏小屋跡→三伏峠小屋
15日:
三伏峠小屋→烏帽子岳→三伏峠小屋→豊口山分岐→鳥倉林道ゲート・駐車場

13日、天気はあまり良くない。時々小雨がぱらつくがなんとか持ちそう。
この日の行程、本当は塩見小屋辺りでテントが張れればいいんやけど
キャンプ指定の場所ではないので、三伏峠小屋までとなりました。
ここの水場は遠いらしいので、途中の水場で水を汲んでいく事にした。
しかし水量が細く、汲むのにえらい時間がかかってしまった。

14日は塩見岳を往復する。
昨日に引き続き、天気が悪く、雨がぱらつく。
しかし段々と回復してゆき、晴れの天気へ。
あとはルンルン気分で塩見岳まで歩く。
さすが南アルプスのド真ん中。北方向も南方向も南アルプスだらけ。

本谷山より塩見岳を見る。ガスが掛かっている。


中央アルプスもくっきり見える。


左から千丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、北岳もよく見える。


塩見小屋より塩見岳、天狗岩を望む。


天狗岩から塩見岳を見る。あと少し。


塩見岳に到着。西峰から東峰と悪沢岳を望む。


憧れの悪沢岳。雄大だ。


北岳、間ノ岳、農鳥岳もよく見える。


15日は、テント場から近い、烏帽子岳を往復してから、下山する事に。
ここは塩見岳の展望台と言われるだけに、素晴らしい眺望が楽しめる。
この日は中央アルプスはもちろん、それ越しに御嶽山が見えたり
分かりやすい槍ヶ岳の他、後立山の山まで見えました。
そして綺麗な富士山も。

烏帽子岳から雲海に浮かぶ富士山を望む。


中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳、北アルプスを望む。


温暖な南アルプスは北アルプスより森林限界も高い為か
緑が多く、山深い雰囲気が良い。

小渋温泉・赤石荘の名物、展望露天風呂。


帰りは小渋温泉・赤石荘で汗を流す。
ここは展望露天風呂しかなく、体を洗うのも外なので寒い!
お湯はいいお湯でした。

例会山行・蓬莱山

7日は9月例会山行で比良の蓬莱山に行ってきました。

ルートは
JR志賀駅→天狗杉→クロトノハゲ→打見山→蓬莱山→小女郎峠→小女郎ヶ池→
小女郎峠→薬師の滝→JR蓬莱駅
でした。

打見山はスキー場だから広々してる。


蓬莱山へ向かう途中、振り返って見た打見山。


蓬莱山から小女郎峠へ向かう途中の眺望。


突然の雨で霞む小女郎ヶ池。
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。