スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最大!超弩級のニュース!!

F1界に今年最大のビッグニュースが舞い込んできた!!
先週行われた、第10戦ハンガリーGPの予選中の不運な事故で負傷し
休養中のマッサの代役に、なんと、あのミハエル・シューマッハが乗る事になった!

2006年のシーズンを最後に現役を引退していたが、スクーデリア・フェラーリチーム
の一員として行動を共にしてきた、M.シューマッハ曰く。
「チームに対する忠誠心から、この不運な状況を見逃すことができない」
うむ。しかし、よく決断したね。

2004年はフェラーリの圧倒的な強さが目立ったシーズンだった。
その当時、某掲示板では「顎空気嫁」という四字熟語のような書き込みが
よく繰り返されたが、今回のM.シューマッハ復帰のニュースを聞いて
某掲示板では、早くもそれを書き込みたいという人たちがチラホラ。
やっぱりみんな、期待してるんだよなー。
現役時代、あれだけアンチが多かったのに、いざ引退するとさみしく思うもので。

M.シューマッハが晩年にタイトル争いを繰り広げた、アロンソ(ルノー)
(次戦はチームがペナルティを受けていて出場できるか微妙だが)や
シューマッハとは入れ違いでF1界に入ってきたハミルトン(マクラーレン)、
今一番乗ってるベッテル(レッドブル)などの若いドライバーとの対決も楽しみだ。
あと、ポイントリーダーのバトン(ブラウンGPチーム)や、因縁のチームメイトの
バリチェロ(ブラウンGPチーム)との旧々対決も。
もちろん同じマシンに乗る、ライコネンとの対決も見もの。

って、見どころだらけやんっ。

今年のフェラーリはマシンの開発が遅れ、タイトル争いには加われていないが
状況は少しずつ上向きつつある模様。
これにM.シューマッハが乗るとなれば、一体どんな走りをしてくれるのか?

今から楽しみだ。
マッサには申し訳ないが…。
スポンサーサイト

全然ダメ

今日は雨が降りそう。
だから雨が降る前に走っておこう、という事で
久々に昼間に走ったんですが、暑かったな~。
曇っているかと思いきや、意外と天気良くて、日が差してる時もあったし。

それで、もう倒れそう、っていうぐらい、今日は全然ダメダメでした。
たかが10km走るぐらいで、なんでこんなにしんどいんだ?
夏休みの部活で走っている時みたいなしんどさ。
やっぱり暑いというだけで、かなり体力が削がれる感じがする。

夏山に備えて、もっと走り込まなアカンわ。

雨、降る?

最初の日

今日から全ての高速道路のETCレーンで通過速度の引き下げが行われた。
「ETCレーンの通過速度は、20km/h以下にして下さい」というもの。

今まで近畿道の八尾料金所では、100km/h前後の心地よいスピードで
通過出来たがそれも出来なくなった。

速度の引き下げが行われて、初めての通過。
今まではブレーキを踏む必要がなかったが、今日はブレーキを十分かけて減速。
でも、20km/h以下には出来なかった。
だって止まるかのようなスピードだし、そんなに落としたら、後ろからも追突されそうな感じ。
結果、40km/h前後で通過。それでも、ちゃんとバーは開きました。
もう少し速い速度でも大丈夫そうだ。
ちょっとずつ速くしていき、限界を試していこう。

7月10日。速度引き下げ前最後の通過。


7月20日追記:
20km/h以下でないとバーが開かないわけではなく
開くタイミングが少し遅くなっただけなので
ぶつからないギリギリの速度が分かれば
その速度で通過できるはずです。
今のところ、60km/hでも余裕で通過できました。
80km/hぐらいでもいけそうな感じはする。

大峰の秘境

5日は会の人、計3人で大峰の七面山に行ってきました。
天気が怪しい事もあってか、この山行中に出会った人は、1パーティ2人のみ!
大峰の秘境と呼ぶにふさわしい場所でした。

ルートは
車止めゲート7:00→林道→カラハツソウ谷→神仙平→舟ノタワ12:00→
楊枝ノ森→七面山→登山口→車止めゲート16:00
でした。

高野辻から見る八経ヶ岳(真ん中のピーク)。
少し右の下がった稜線の下が神仙平。



林道途中から見る神仙平。


カラハツソウ谷を詰めると神仙平が近づいてきた。


七面山が目的というよりも、林道終点からカラハツソウ谷を経て
神仙平へ行くのが目的でした。
林道終点から先は登山道はなく、基本的にどこを歩いても良いので
地形図を確認しながら進みます。
そして神仙平に到着。そこは予想通り、素晴らしい草原でした。

神仙平の下部に到着。


神仙平からは大峯奥駈道が通る稜線(舟ノタワ辺り)目指して直登。
結構な急登で一気に疲れた。
大峯奥駈道を少しだけ歩くが、すぐに右に逸れて楊枝ノ森のピークへ向かう。
楊枝ノ森から七面山への尾根の上は「これぞ、大峰!」と言いたくなるような
素晴らしい深い森で、いつまでも歩いていたいと思う場所でした。

七面山の辺りで少し雨に降られましたが、大した降りではなく
意外と快適な山行となりました。

すっごい偶然!!

最近書く事ないなぁと思ってたけど、思い出した!
娘との会話で、ちょっといい話しがあったので、それを書こう。


娘は現在、中学二年生。
6月19日の娘との会話です。

娘が最近、私の中学の時の卒業文集を読んでいたら
中一の三学期の時に来ていた年配の非常勤の理科のY先生
と同じ名前の先生が載っている、という話になりました。
そのY先生曰く
「以前、交野(私の出身地)の中学校で教えていました。」
との事。
私もその先生の事は、なんとなく覚えていたので
見た目の特徴などを聞いていくと、ますます同一人物かも知れない
という事になったので、卒業アルバムの写真を見せて確認。
すると、やはり同じY先生という事が判明!

なんという偶然なんやろ!!
私が25年前に授業を受けた先生に娘も教わるとは!

住んでいる場所も交野(昔)と吹田(今)と全然違う所なのにね。

しかし三学期だけの非常勤だったらしく、今は来られてないそうですが
その時に気付いてたら、伝えてもらったのになぁ。
きっとY先生も驚いた事だと思います(私の事は覚えてないでしょうが)。


こんな事もあるんやねぇ、という話しでした。


いつぞやの交野の空。

憂い解消

オイル交換のついでに、タイミングベルトも見てもらいました。
結果、まだまだ大丈夫との事。
前回交換してからの走行距離を考えると、まあ妥当か。
早く換えすぎるのも無駄だしなー。
なんとか次回車検までは持たせないと。

でもちょっと遠出(北アルプスとか)すると
すぐに距離が増えてしまうからなぁ。
なるべく誰かの車に便乗せなあかんわ。

電車で行きゃ、走行距離など全く関係なくなるが
今はETC割引が大きいから、なるべく車で行きたいし。

マフラーの漏れについては「…。」でした。
ま、やはり少し漏れてます。
でも爆音にでもならない限り、ほっときます。
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。