スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も勝尾寺までランニング

最近、急に暖かくなって、ランニング日和なので
勝尾寺まで走ってきました。
家から往復でちょうど20kmと程よい距離。
舗装路14km。山道(高低差300mほど)6km。

勝尾寺前。


家を出た時間が遅く、勝尾寺参道の山道で日没になって
真っ暗になるかも知れなかったので
17時10分を目途に引き返す事にする。
ちょっと無理かもなぁ、と急いでいると
なんとちょうど17時10分に勝尾寺に到着。
そんな時間なので、周りにはもちろん誰も居なかった。
その後はすぐに引き返し、復路の山道は下りが殆どなので
余裕で明るいうちに町へ戻れた。
雨上がりの山道を走ったもんやから、真っ白なシューズが
中まで泥々になってしまった。

舗装路走りは往路は殆ど登り(高低差100mほど)なので、疲れた~。
復路の下りは惰性で走るような感じになってしまった。
スポンサーサイト

敗退…

今週のクラックス大阪。

まだまだ、やり残しの課題は多いけれど
今はどんどん限界グレードの更新を目指します。
イレブン台ともなると、今の私の実力では若干、高望みしすぎ
の感は否めませんが、まずはやってみないと分からんし。

という事で、今回は110度壁の5.11b(青色トラ)に挑戦。

1回目。
ルート半ばでムーブが分からなくなり、足の置き方を迷っているうちに
腕がパンプしてテンション。
その後は何度かテンションを掛けながら、2手進むが、腕が限界で敗退。

2回目。
さっき戸惑ったところはさっさと抜けて登り、終了点の手前のホールド
まで進むが、上から2つ目のクリップが出来ずに怖くなり、テンション。
結局、終了点までも行けなかった。

やっぱり、5.11bとかになると、素直なムーブだけでは登れなくなってくる。
とりあえず、終了点まで一歩手前まで行ったので、ムーブの確認は出来た。
あとは何回目で登れるか、だな。


限界トライの後は、前傾壁の5.10b/cと5.10bを登る。
以前よりかは持久力も少しはついたのか、かなりよれてても
この辺のグレードならテンションを掛けないでも
なんとか登れるようになりました。

おもしろかったのは、なっちゃんとの会話。
私「最近、リード壁でもどっ被りとか前傾のきつい壁ばっかり触ってるから
  薄被りは垂壁みたいに感じるようになってきた」
な「そうそう!そんなんばっかり登ってたら、そうなるやろ。
  だんだん感覚が麻痺してくるねん」
私「5.10台はガバも多いし、すごくホッとするわ」
な「イレブン台を触るようになると、5.10台のホールドの持ちやすさ
  が分かるやろ?」
私「うん(^^)」

オチのない話しで、すみませんが
”感覚が麻痺する”っていう表現がおもしろかった。
あと、限界グレードをやった後は、どんな課題でも難易度が
下がったように感じられる、という話しでした。
そういう意味では、多少高望みでも、どんどん上のグレードに挑戦
していくのは悪い事ではないな、と思いました。

ダイトレトレ

21日はダイトレを歩いてきました。
最近、怠け気味なので、いいトレーニングになりました(^^)

ルートは
近鉄二上神社口駅→二上山雄岳→竹内峠→岩橋山→
大和葛城山→青崩(葛城登山口バス停)
でした。

この日は、駅からのダラダラ舗装路歩きが嫌だったので
すぐに山へ入れる二上神社口駅から二上山に向かって歩く。
二上山はダイトレの縦走大会で何度も通っているけど
雄岳は通らないので登った事なかったし、ちょうどいいわ。
この日の二上山は、ボーイスカウトやら家族でハイキングする人やらで
(スーツを着た人も登ってましたが…)賑わっていましたが
竹内峠から南へ進むと、途端に人気がなくなる。

この日は天気が良く、日なたは暖かくて快適でしたが
日陰部分はまだまだ寒く、地面は霜柱がビッシリでした。

閑散とした、大和葛城山山頂。


大和葛城山山頂は人も少なく、ひっそりとしていました。
まあ、こんな寒い季節にわざわざ来んでもいい場所とは思いますが…。

下山は、ロープウェイ側の登山道が昨年の台風で崩壊して通行止めに
なっているので、大阪側に下りる事にしました。
水越峠への道は何度も歩いているので、今回は青崩へ下りる道を選択。
歩きやすく、中々快適な道でした。

青崩にある葛城登山口バス停から金剛バスに乗ります。
午後の便は16時28分の1本しかないので、乗り遅れないように下山。
誰もいないだろうと思っていたけど、そのバス停からは
私を含めて3人の登山者が乗車。物好きがいるもんだ(^^)

一応イレブン?

PUMP大阪へ行ってきました。

先月来た時にはテンションを掛けまくって登った5.11a。
今回はすんなりRP。
PUMPでもイレブン台が登れるようになりました。

しかしその後は、ちょっと気合の抜けた登りに終始してしまい
テンション掛けまくり(^^;)
しまいには薄被り壁の5.10cすら登れなかったり…。
また頑張ろう。

イレブンクライマー!

またまた、クラックス大阪。
昨日登った5.11aのムーブを忘れないうちに登りたかったので
連日のジム通いとなりました。

結果はなんと、1回目の挑戦でRP!
これで私も”イレブンクライマー”の仲間入りを果たしました。

水色×マークの5.11a。
ムーブ、レスト、クリップ、ほぼ全て問題なしで
殆ど疲れずに登れました。
意外とあっさり登れて自分でもびっくり。

水色×マークの5.11aのスタートホールド。


5.11a挑戦の前は、初めて登る前傾壁の5.10b/cの課題をOS。
どうしても初見だと、ムーブが上手くいかないところが出てきて
無駄に力を使ってしまい、パンプ寸前になったりもするけど
このグレードでテンションは掛けられへんなー、と思いながら
なんとか終了点まで登りました。

5.11aをRPした後は、あまり疲れていないと思ったので
先週RPした、どっ被り壁の5.10dに登るが、途中でテンション(^^;)
イレブン台を登るという一応の目標を達成して、気が抜けたのと
連日のクライミングという事もあり、やはり体は疲れていたようでした。
でも、そういうところが「まだまだやなぁ」と思いました。

水色のラインが5.11a。赤のラインが5.10d。


クラックスには、1月最終週から週1回以上通うようになっているが
それまでは昨年9月から数えて、わずか4回しか来ていないので
触っていない課題が多い。
今まではレベルが低くて登れないから触れなかった、というのもあるが…。
でも、今なら触れる課題も増えてきたし、いろんな壁で登ってみる事
も必要かな、と思っています。
これからの目標はもちろん、限界グレードを上げていく事だけど
5.10台の触っていない課題をOS狙いで登るというのも面白いかも。

イレブンは難しいっ

今週のクラックス大阪。

先週はどっ被り壁の5.10dをRPしたので
今回はいよいよ5.11aに挑戦です。

数ある5.11aの中でも、水色×マークの課題は「お買い得なイレブン」と
言われており、初めてのイレブン台では最もクリアしやすい課題の
ひとつだと思われる。
この課題も先週登った5.10d同様、どっ被り部分を乗っ越して
登っていくが、乗っ越してから終了点までの距離が長い。
しかも終了点手前に核心部があるらしい。結構大変そう…。
アドバイスを受けながら、慎重にオブザベーションをして
何度もムーブをイメージしてから登る。

1回目。
やはり、どっ被り部分を乗っ越してから、どっと疲れたのと
足の置き方がおかしくなったのと、クリップに手間取って
腕がパンプしてしまい、テンション。
その後、もう少し登るが、終了点への最後の一手が怖い。
結局、2テンしたが、終了点まであと一歩のところで断念。

2回目。
核心部手前で怖くなり、テンション。
今回は1テンしたものの終了点までは行けた。
でもRP出来そうな余力は残ってなかった。

しかし、結局OSどころか、RPも出来ず。
イレブンはそんなに甘くはなかった…。
また5.10台とは、乗っ越してからの怖さが断然違うように感じた。
なんか簡単には登れなさそう。
でも次回はRPを狙います。

…いけるかなぁ?(^^;)

10d、OS!

外岩に行くつもりでしたが、雨天中止になったので
PUMP大阪へ行ってきました。

昨日はクラックス大阪で本気トライをしたところなので
今日は気軽に登るつもりでした。
でも結局、どっ被り壁左のややどっ被り壁に
挑戦したりして、5.10dをOSしました。

クラックスでは苦労してRPした5.10dを
PUMPでは普通にOS。なんで?
まあ場所が違うんだから壁の形状もホールドも全然違うけど。

よく、PUMPとクラックスの両方を登った人が言っている事。
「クラックスの方が難しい」と。確かに私もそう感じます。
ただPUMPの方が明らかに壁が高く、しんどい。
そういう意味では同じぐらいの難易度になるのかも知れません。
でも同じグレードなら確実にPUMPの方が登りやすく感じます。
どっちが好きとか嫌いとかではなく、両方登ってみて
どちらもすんなり登れるようにしないとね。

10d、RP!

今週のクラックス大阪。

どっ被り壁の5.10d。
今日2回目の挑戦で、なんとかRP。

どっ被り部分を乗っ越してから終了点までの7手は
クリップなしで一気に上がりました。
7手の間で、もし落ちれば、もちろんかなり落下しますが
落ちても真下は空中なので、どこにもぶつからないし
クリップでマゴマゴすれば腕がパンプするので、それなら
その前に一気に上がってしまえ、という感じです。

今回はRPが目的だったので、最後の方は無茶して上がったが
これからは、こういうムーブの分かりやすい課題を、余裕を持って
クリップしながら登れるように、持久力やムーブを向上させたいです。

次はいよいよイレブン台の5.11aに挑戦します。
OSを狙うため、今日は全く触りませんでしたが
オブザベーション(ルートの観察)だけ、しておきました。
次回が楽しみです。

また壊れた…

もうっ!また壊れよったわ。
一難去ってまた一難や~。

ある日、急にアイドリングが不安定になりだした。
低くなったかと思えば、次の日は異様に高くなったり。
ん?この症状は、以前にもあったぞ…。
確か、スロットルボディの故障じゃなかったっけ?

で、調べてもらうと、やはりそう。
ただその時はまだ、完全に壊れてはなかったようで
正常なアイドリングをする時もあった。

数日後、エンジン始動時からおかしくなった。
アイドリングが異常に低く、アクセルを煽ってやらないとエンストする。
スロットルボディが完全に壊れたっぽい…。

で、走り出してからのしばらくは、信号待ちなどの停車時には
アクセルを踏んで回転数をやや上げたままにしないと
エンストするので、左足ブレーキを使って運転しないといけなくなった。
左足ブレーキ自体は、以前から割とよく(市街地などのゴミゴミ
したところを走る時など)使っていたので、違和感はないけど
回転数の調整が中々微妙…。
上げ過ぎるとブレーキ利かんし、下げ過ぎるとエンストするし。
しばらく走っていると、エンストしないギリギリの回転数を保った
アイドリングになります。

しかし、こんな車、他の人には運転させられへんわなぁ
と思いながら、乗っています。

さて、その壊れたスロットルボディ、交換するのが一番いいのは
分かっているけど、なんせ高い!
前回壊れた時(2005年5月)に交換した同じ部品の値段が
今では1.5倍ぐらいになっている!
新品じゃなく、中古品でもいいかなぁと思うが
保証は効かないし、いつまた壊れる部品かは分からない。

とりあえず、このまま乗ってやろう。

新たな宿題

クラックス大阪へ行ってきました。

前回落ちた、110度壁の5.10cは1回目でサクッとRP。
この日の目的は達成したので、あとは気楽な気持ちで登れる(^^)

という事で、どっ被り壁の5.10dを登る。
上部の核心部でテンション。OSならず。
でも終了点までは登って、ムーブを確認。
2回目の挑戦も核心部を越えた所で、ホールドを保持出来ずに落下。
次回の宿題となりました。次こそはRPする!

110度壁。


110度壁の奥に、どっ被り壁がある。


前傾壁の5.10台はガバが多くて、ムーブも分かりやすく、登りやすい。
もっと持久力をつけて、余裕で登れるようにならなアカンね。
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。