楽しんで登る

なっちゃんとM上さんとでPUMP大阪に行ってきました。

「昨日はクラックス大阪で登ってるから、今日は軽めに登るで」
と宣言しているにも関わらず、まるで聞こえていないかのように
3人交替でサクサクと登る事に(^^)
だ・か・ら、しんどいっちゅーねんっ!

しかし、PUMPの課題は登りやすいなぁ。
疲れが多少残っていても、5.11aとかなら普通にOS出来るもんなぁ。
「ガンバッ」の声も掛からないぐらい(^^;)

でも、こういう登りやすい課題を楽しく登る事も
たまには必要だと思いました。

どっ被り壁を登る。


いい気分転換になりました。
次の日は少し筋肉痛になりましたが…。

お別れの日

型式:E-6NAHS(通称:6N前期型)

新車から13年間乗ってきたポロを、ついに乗り換える日がやってきた。

最後のショット。


期間:平成9年9月29日~平成22年9月24日
総走行距離:25万4,024km

無事故無違反の安全運転をありがとう。

少し上向き

この日のクラックス大阪は蒸し暑かった。
先週は秋らしくて良かったんやけど。

いつも通り、のんびりと登っているが
そのままだとアップだけで終わりそうなので
筋トレのつもりで、ちょっとしんどい課題も一応触っておく。
どっ被り壁のすぐ左から始まる5.10d(緑■)。
最近何度か触ってますが、いまだRP出来ず。
限界グレードではないので、出来るはずなんやけど
これが中々しんどい。
前半の4ピン目ぐらいまでで結構消耗してしまい
後半まで腕がもたないのだ。
ガバが多いので、5.10台の課題というグレード付けは理解出来るけど。

この日のトライは順調に進んでいたが、あと2手というところで
足の置き場に迷ってしまい、テンション。
もうRP出来ると思ってたのに、もったいない。
しかしムーブはほぼ分かったし、次回はいけるだろう。

つーか、なんで5.10台で、こんなに必死やねん。
という話ですな(^^;)

早く5.11台後半の課題、触りたい。

1年ぶり

1年ぶりに摂津にあるナカガイジムに行ってきました。

まずはリード壁で登る。
アップで簡単な課題を登るが、ちょっと緊張。
クラックス大阪ならいつもする課題は覚えてしまってるので
あまり考えなくても登れるけど、ここのはどれもOSになるし。

ここのリード壁エリアはあまり広くなくて
その中でも垂壁は少しで、あとは殆ど、どっ被り壁となります。
5.10台はともかく、5.11台からはしんどい課題ばっかし。
ちょっと触ったぐらいでは、とてもOSやRP出来る気しないなぁ。

手前はボルダー壁。向こうがリード壁。


リード壁を見上げる。


後半はボルダーをやってみた。
一番簡単な黄色テープを色々とやったけど、さすがナカガイジム。
辛いっ!
でも大体は一撃出来たので、やっぱり黄色は黄色かな。
しかし初心者にはつらいかも知れないです。

ついに…

乗り換え?

ま、普通ですな。


すっきりした顔。

気分転換

クラックス大阪。
夜はだいぶ涼しくなってきた。

最近は調子がイマイチなので
だらだらと休んでは時々登るという感じです。
今週も数本登ったら、すぐに疲れてしまったので
リード壁は早々に諦めて、普段滅多に入らないボルダー壁エリアへ。

Oさんがいたので、赤とか茶のムーブを教えてもらいながら
少し登ってみました。
最近ボルダー慣れしていないので、赤でも一撃は到底無理でした。
茶になると足の置き場がなかったり、指に厳しかったりと
体幹がしっかりしていないと登れなさそうな課題ばっかり。
でも、面白かった!
たまには気分転換も必要だな、と思いました。

リード壁もたまには違うジムに行ってみるか。

快晴の藤内壁

4日~5日と御在所の藤内壁に行ってきました。
山の学校のお手伝いです。
先週も下見で来ましたが、今週の方が天気がいい。

4日1時30分頃、裏道登山口にみんなを乗せたバスが到着。
すぐに藤内小屋までヘッドランプを点けて歩く。
2時過ぎに小屋到着後、2時間ほど仮眠。
そして起床。めっちゃ眠い…。

藤内小屋で迎える夜明け。


私は担当スタッフなので、生徒さんパーティが
全て出発するまで、藤内小屋に留まる。
その後、一ノ壁にコーチ数人と向かう。

コーチと2人でシングルロープで登る。
アップのⅣ級とかは良かったが、難易度が上がってくると
怖くてビビリが入ってしまった。

一ノ壁は日陰で風が吹いていたので
ものすごく快適でした。
日が照りっぱなしの前尾根とか中尾根バットレスは暑そう。

一ノ壁から前尾根を見る。
3つのパーティが登っています(見えんか)。



一ノ壁から中尾根バットレスを見る。
ここには4つのパーティがいますね。



一ノ壁から裏道を見る。
谷底を削り取った土砂災害跡が痛々しい。



一ノ壁から伊勢湾を望む。いい天気です。


翌5日も、全パーティ出発後に、一ノ壁へ行く。
なんかすぐ疲れて、あまり登れなかった。

午前中に藤内小屋に戻り、パッキングを済ませて下山。
バスに乗り、途中、温泉に寄ってから帰阪。
お疲れ様でした。

藤内小屋は災害後、懸命の復旧作業を行い
今年の春には営業(素泊まりのみ)を再開されています。
災害前も災害後も変わらず、大阪労山のこの山の学校では
毎年お世話になっています。
今年もありがとうございました。
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム