スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライミングの聖地へ

9月前半の三連休は、M上さん、なっちゃん、タムタムと
同じ会のKさんと私の5人で小川山に行ってきました。
M上さんとタムタムと私は岩登り組。
妊婦さんのなっちゃんとKさんはハイキング組。
おふたりは18日には百名山である金峰山に登頂していました。
帰り道を間違えて、10時間行動とか(^^;)になっていましたが…。

さて、初めての小川山です。
ここは”クライミングの聖地”と呼ばれるだけあって
やはりすごいところでした…。
廻り目平のキャンプ場周辺は花崗岩の山となっていて
そこらじゅうにボルダー、ルート、マルチピッチの岩場が点在する。

17日はほぼ終日雨。
廻り目平のキャンプ場にテントを設営後は
雨でも登れる岩場という事で、小川山から近い場所にある
瑞牆山カサメリ沢のモツランドという岩場に行きました。

瑞牆山の岩場。


18日は快晴。
これなら小川山で登れる(^^)

駐車場から見える尾根岩。


まずはソラマメスラブへ。
ドスラブ課題「ソラマメ(5.9+)」でアップ。
めっちゃスラブやった(^^;)
スラブはひとまず置いといて、被り壁課題をする。
ソラマメハング(5.10c)。
ハング越えの課題だがガバが多く登りやすそう。
しかしムーブが分からずOSを逃す。
ムーブさえ分かれば難なくRP(当たり前か…)。

ソラマメハングを登るタムタム。


その後、近くの尾根岩二峰の岩場へ移動して登りました。

尾根岩二峰を見上げる。


19日も快晴。
まずは親指岩へ。
ここには、日本一有名なクラック課題
「小川山レイバック(5.9)」がある

これが小川山レイバック。


クラックに苦戦する私。


その後、リバーサイドの岩場に移動して登りました。
昼頃、テントを撤収して、帰阪。
岩三昧の楽しい三日間でした。

スラブ、ハング、フェイス、クラックと様々な形状の岩を
触る事が出来ましたが、経験不足を痛感しました。
スポンサーサイト

山行キャンセルその後

この日は山の会の例会山行(裏六甲で滝巡り)の予定でしたが
台風が来ていたので、キャンセルする事にしました。
なんと山行自体は、雨天決行という事で行なわれましたが
あの大雨で登山道が一部流失していて、早々に断念したそうです。
まあ、行かなくて正解だったというわけです。

という事で、同じ会のK本さんとクラックス大阪へ行ってきました。
今年、山の学校の生徒として頑張っているK本さん。
本来なら御在所の藤内壁での実技に行っているはずだったのですが
当然、この台風のせいで中止になったため、室内壁で自主練です。
垂壁やスラブ壁の5.8や5.9の簡単なのをリードで登ってもらいましたが
行き詰ったら、ついつい違うホールドを掴んだり、足を乗せたりして
登ってしまっていたのが、残念でした。
それならテンションを掛けて休んででも、そのムーブを解決していった方が
今後のためになるのでは、と思いました。
まあ、怖いのは分かりますけどね(^^;)
垂壁の登りやすい5.10a(黒トラ)にも挑戦してもらいましたが
やはり最後の方が怖かったみたい(^^)

さすがに私はK本さんのビレイで5.12aを登るわけにはいかないので
この日は、簡単なのをたくさん登ろう、と考えていたら
途中からタムタムほか、SCCの人たちが登場。
結局、タムタム、N川さん、私で黒お玉5.12a祭りとなりました(^^)
途中、Y縣さんにも見本で登ってもらったりして楽しく遊びました。
私はこの日2回目で5ピン目までノーテンで登り、そこでテンション。
その後、終了点は掴めずフォールしてしまいましたが
クリップの苦しい箇所もなんとかギリギリ突破出来たので
少し手応えを感じました。
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。