新作の12a

クラックス大阪。

珍しく木曜日に行ったので、久しぶりにSCCのメンバーと一緒になりました。
タムタムは足を骨折中にも関わらず、TRで登っていました(^^)

先週に緑スラッシュの5.12aが終わったので、次は何をしようかと
思っていたところ、21日に出来たばかりの新作5.12a(緑+)がありました。
正面右の薄被り壁からスタートして、凹角からどっ被り壁を越えていく課題。

SCCの上手い方がOSトライしていたので、見ていました。
途中でリーチが必要なムーブがあり、結構苦労されてましたが
どっ被り壁経由の面白そうな課題なので、私も触ってみる事に。
1回目は、出だしの薄被り壁~凹角辺りのムーブで手こずり
4ピン目でテンション。その後、テンションを掛けながら
どっ被り壁を乗っ越していく手前で敗退。
私の後にSCCのN川さんもOSトライ。
N川さんはリーチもあって上手いので、とても参考になりました。
私の2回目はテンション掛けまくりながらも、なんとか終了点まで到達。
大体のムーブは理解出来ましたが、出だしから凹角のところの
ムーブが怪しかったため、最後にその部分だけもう一度練習。
ステミングで足を張るので、体の柔らかさが必要で、体の硬い私には
苦手な部分となりそうなところです。
リーチがあるからまだなんとかなるものの、股が痛いわ(^^)
試しにSCCのN川さんのムーブをやってみたところ、結構良さそうな感じ。
次回からは、そのムーブで繋げてみよう。

この課題の特徴は、足への乗り込みが多いという事かな。
先週までやっていた緑スラッシュの5.12aは、ダイアゴナルを
グリグリ決めて登る、見た目が派手なムーブが多かったが
この課題は、地味ながらしっかり足に乗り込まないと登れない感じ。
でも、どっ被り壁のムーブだけはボルダーみたいで、かっこいい(^^)
もちろん、足ぶらムーブです(^^)
クリップする前に失敗すると、ヒューンって真下に落ちます(^^;)

新たな目標が出来たので、頑張ろう。

緑スラッシュ、RP!

クラックス大阪。

緑スラッシュの5.12a、やっとRP出来ました!

今年に入ってからは新たに出来た緑スラッシュの5.12aをメインに
挑戦してきましたが、中々RP出来ませんでした。
もうムーブは固まっていて無駄なパワーは使わないで済むように
なっていたし、あとはRPするだけの状態がしばらく続きました。
無駄なパワーは使わないと言っても、やはり5.12a。
1日に2回挑戦するのが限度で、そう多くの回数は登れません。

先週なんかは、クラックスの社長から
「わざと落ちて(何回も挑戦するのを)楽しんでいる?」
と冗談を言われていました(^^;)
先週は終了点手前のクリップを飛ばして腕の持久力を稼ぐ作戦に
出たのだが、逆に怖くて次の手が思い切って出なくなってフォール。
という事で、この日は、クリップも飛ばさないようにしたが
腕も疲れず、無事RP達成。
久々に5.12aがRP出来て良かったです。

山頂だけ晴れた氷ノ山

3日~4日は大阪労山の冬山ハイキングセミナーのお手伝いで
修了山行の氷ノ山に行ってきました。
我が会からは5名の参加でした。

2月中旬は寒波のおかげで雪もどっさり降っていたと思いますが
この山行の前辺りから暖かくなり、雨が降ったようで
テント場(東尾根登山口)辺りの雪はかなり腐って(ザラメ雪)
せっかくの積雪量も減っているようでした。

ルートは
3日:福定→氷ノ山国際スキー場(リフト利用)→スキー場の少し上で幕営
4日:テント場→東尾根→氷ノ山山頂→往路を戻る→テント撤収→スキー場横を下山→福定
でした。

この山行予定日の天気予報も悪く、好天は期待できない模様。
ところが山行中の天気は意外に持ちました。
氷ノ山の山頂に着く直前までは、ガスってホワイトアウト状態でしたが
頂上に着いた途端に雲が切れて一瞬で快晴となりました。
すごいタイミング!そんな事もあるんですね。

東尾根を歩く。


綺麗な霧氷が見られました。


氷ノ山に向けての急登が見えてくる。


木も凍っています。


東尾根が眼下に見えます。


急登を登りきると…。


氷ノ山の山頂に到着!しかし、ガスっています。


ところが!急にガスが流れて、晴れてきました!


遠くまで綺麗に見えます。


山頂からの下山時。雲が下にあります。
あの雲の下は雨でした…。



生徒やスタッフで参加された皆さん、お疲れ様でした。
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム