fc2ブログ

2020年の室内壁まとめ

2020年の室内壁まとめ。

室内壁のクラックス大阪での練習。

年始めは毎年恒例のお正月課題をします。
イレブン相当の課題が大体終わると、5.12a相当の銀+に挑戦する。
最近では数少ないクラックスの社長が作る貴重な課題である(^^)
手数は50手近い持久力系の課題だが、それでいて結構テクニカル。
110度壁から始まりルーフ壁に入る前に一旦少しクライムダウンして
そこからルーフ壁を横切り、上に乗越すところがしんどい。
そして最後、終了点ホールドを掴んでから最終クリップをする時の足が悪くて
クリップ出来ずにRPを失敗する事、数回…(^^;)
3月末、新型コロナウイルス拡大によるジムが臨時休業になる直前に
なんとかRPは間に合いましたが中々苦労しました。
しかし、面白い課題でもありました。

その後、4月から5月半ばまでの約1ヶ月半、ジムがコロナ休業し
登りたくても登れない日々が続き、身体がドンドンなまっていったように思います。
でも、その間に強制的にでもレスト(休養)が出来たのか
慢性的に痛かった右肘や右手首、指の関節が痛くなくなったのは良かった。

コロナ休業明け、ジム内ではマスク着用が義務化されました。
今までマスクをして登った事はなかったので、呼吸が苦しく登りにくく感じます。
休養でなまった身体をイレブン台の課題で徐々に慣らしていくが
途中、指の皮がベロンと捲れて一時戦線離脱したりしつつもなんとか復活。
110度壁に5.11dの課題が2本あったが、ひとつ(緑四角)は1日3便でRP出来るも
もうひとつの課題は途中のムーブが解決出来ずにトップアウトも出来ずに
諦める事になるという極端な結果に。
苦手なムーブがあると途端に登れなくなる悪い例の人ですな。
でもまあしょうがない。クライミングで遊べる時間は限られているので
自分が楽しいと思える課題を優先してやる事にしよう。

次はルーフ壁の課題、紺色スラッシュの5.12abをする。
これは序盤から体幹に厳しいムーブが続き、ルーフを越えてからも
カチなどの悪いホールドが何手か続く、しんどい課題でした。
この課題も終了点取りのムーブで失敗してRPを逃す事、数回…(^^;)
でも無事RP出来ました(^^)

その後、ルーフ壁左に黄色矢印5.12aが出来たのでやってみる。
左右にジグザクに登り、手数が多い課題。
しかし、ホールドもそこそこ悪く、ムーブもなんかしっくり来なくて
少し嫌な予感がする課題(^^;)
特に難しいムーブはないけど、持久力のない私にとっては中々厳しく
この前にやってた紺スラ5.12abよりRPまで回数が掛かってしまった。

次は110度壁左側をひたすらレイバックで登る課題、黒スラッシュ5.12aをする。
足はジブスで抜ける(外れる)とすっ飛ぶように落ちるので
慎重に足を上げて登らなくてはならず、結構怖い課題です。
普段あまりないタイプの課題だけど、たまにはやらないとね。
ルーフ壁を越えてからの上部がこの課題の本当の核心となる。
何回かすると下部のレイバックの箇所は慣れてきて問題なくなったが
上部のガストン(ギャス)のムーブで徐々に左腕に違和感が出始めた。
その後、左の肘の調子はさらに悪くなって、左腕全体に力が入らなくなり
この課題をするのは一時中止する事としました。
この時期は仕事もまあまあ忙しくて平日の練習が中々行けなくなったので
またもや持久力不足が懸念される事となった(^^;)

練習の頻度が下がる中、無謀にもルーフ壁の課題、水色四角5.12bを始めてみた。
最初の数回は足を高く上げるムーブに体幹がヨレて持たずに
さらに中盤のしんどいムーブが出来ずにテンションしまくっていたが
練習の頻度が下がって少し休めた事が良かったのか、調子も良くなって
そこのムーブが解決したら、すぐにRP出来て、自分でも驚きました(^^)
グレードが5.12bの割にそれほど苦労しなかったので、ちょっと変だなぁとは
思いましたが、なんと!後日5.12abにグレードダウンしてしまいました。
結構厳しいムーブはあるけど上部が難しくないし、まあこれはしょうがないかな。

その後、腰痛を発症しそれが酷くなり、今度は自発的に休養する事に。
そして3週間も丸々休んでいるうちに、新しい課題が増えていたので
リハビリがてら、イレブン台からやっていく事にしました。
持久力がまた落ちているけど、5.11cまでは順調に登る。
新しい課題の5.11dはふたつ出来ていた。
ルーフ壁の茶色スラッシュ5.11dはスローパーの処理が核心との事だけど
よく登っている人にはそれほど苦にならないホールドかな。
ルーフ越え辺りのクリップが核心に思えた。
もうひとつ、ルーフ壁左の5.11dピンク四角は中々手強かった。
下部は良いホールドで簡単と思いきや、途中から急に悪くなる。
終了点手前の数手はほぼずっと悪い(薄いカチとか)。
これでイレブン台は辛いと思いましたが、ルート設定者の話しを聞いてみると
ホールドは悪いけどムーブは難しくないという事でツエルブは無いのかなと
思うようになりました。
でもイレブン台なら辛いと感じるのは間違いないです(^^;)

イレブン台が終わって、次は110度壁の赤矢印5.12aをする。
なんと!!1日3便でRP出来てしまった!
2便目で終了点取りのムーブまでノーテンで起こせていた事を思うと
ツエルブ台じゃないのかも知れないが、単に私向きの課題だったのかも知れない。
ムーブ・リーチ・ホールド、全てが自分にピッタリとハマった感じ。
リードの課題でも最近はボルダーチックなものが多く
最初は苦戦することが多い中、こんなにもあっさりとRP出来る課題は珍しい。
でもまあ、こういう事もたまにはないとね(^^)

今年はコロナ禍でジムが臨時休業を余儀なくされたり
また身体の調子が思わしくない時期があったりしましたが
それなりに登れた一年だったと思います。
大きな怪我やコロナに気を付けて、来年も頑張ろう。

2020年のまとめ

2020年の出来事まとめ。

今年はなんといっても「コロナ」に振り回された一年だったと言えますね。
そして、まだまだ終息しそうにもありませんが。

2月は六甲山で山始め。
山頂からは有馬温泉へ下山しましたが、新型コロナウイルスの影響で
すでに外国人観光客は殆ど居なくて、それはそれで歓迎すべき嬉しい事だが
日本人のコスプレイヤーがいっぱい居て、そこらじゅうで写真撮影をしている。
歴史あるこの温泉街の風情に合わないこの人たちには違和感しか感じなかった。

3月下旬、6Rポロが昨年10月と同じようにエンジン不調を起こす。
いつも整備をしてもらう車屋さんで見てもらうが、今度は簡単には直らず
電装系の部品を何ヶ所も交換して、結構大きな出費となってしまった。
しかし、そのうちの部品のひとつ、プラグコードは前回不調の時に換えたものが
このポロには合うものか確証がない社外品で、今回純正の新品に戻されているのだ。
だったら前回交換の時、純正品にしておいてくれたら、今回余計な出費をしなくても
良かったのでは?と思い、少し納得の出来ない修理内容となってしまった。
大体ここ数年、若いメカニックはみんな居なくなってしまい、オーナーがメカニックも
兼ねている事で仕事の精度に少し疑問を感じなくもなかったので、この調子だと
他で整備出来る所も検討しないといけないかもなぁと考えております。

そして春になり、ついにあのコロナが流行しだした。
日本政府は4月7日から5月25日までの間、緊急事態宣言を発令して
国民は不要不急の外出を自粛するように呼びかけられた。
いつも行くクライミングジム(クラックス大阪)も臨時休業となり
しばらくは家と会社の往復だけの日々が続いた。
元々通勤には自家用車を使っているので、人との接触は少ない方だが
それでも「なるべく出掛けないように」と言われると、出掛ける頻度が減ってしまう。
そして緊急事態宣言が解除されても、それは続いた。

しかし8月の盆休みは久々の遠出しました。
動物好きの娘と三重県にある大内山動物園に行ってきました。
こじんまりとした田舎の動物園でエサやりなど動物と触れ合えるという事で
小さい子連れの親子が多かったですね。
うちらみたいに年齢が大きい親子は他に居なかったような気がします(^^;)
まあ、行ったついでにあの辺りの美味しいものでも食べてこようとも
思っていたので(^^)
海が近いので、やっぱり海鮮ものが美味しいはず。
道の駅でお土産買ったりして、帰りに海鮮丼と刺身定食をいただく。

9月、珍しく家族3人揃って土曜日に休みが合ったので
播磨灘に面する相生辺りに牡蠣を食べに行く事にしました。
生牡蠣、焼牡蠣はもちろん、生シラス丼なども美味しくいただきました(^^)

9月、緊急事態宣言解除後、初の山登り。
軽めに金剛山に登る。
天気が良く、気持ちのいい山行でした。

11月、父親の七回忌の法要。
久々に姪(妹の娘)と話す。
看護師になって2年ほどとの事だが、このコロナ禍のせいでメチャクチャ忙しいという。
せっかく食いっぱぐれない仕事に就いたというのに、こんな伝染病が流行る時期と
重なってしまい気の毒に思ったが、頑張って働いているので応援したいと思う。

11月、大峰山系に紅葉を見に行く。
行者還岳西面の紅葉が綺麗そうだと思ったので、山の会の人たち計3人で
小坪谷の吊り橋からバリエーションを行く計画を立てました。
小坪谷からは天川辻に向かう、よく歩かれている踏み跡と目印テープだらけの
ルートがあるが、そこからは敢えて外れて違うルートを地形図を見て決めて
あとは現場判断で歩く事にしました。
地形図上は歩きやすそうな所を選んだはずなのに、やっぱり踏み跡がないと
すこぶる歩きにくい。
現在地は今はGPSで簡単に分かるから困らないものの
目の前にガレた急斜面の沢しか見えないとか、歩きにくいのは困る(^^;)
でも今回の3人は山慣れしてるので特に問題なく突破。
この日は幸い冬眠前の熊に遭う事もなく、他の登山者にも会う事もなく
静かな山行が楽しめました。
やっぱりバリエーションは楽しいけど、体力不足を痛感しました。

11月にはもう1ヶ所、山歩きに行く。
紅葉狩りで六甲山に行きましたが下山時に立ち寄った有馬温泉の南にある
瑞宝寺公園の紅葉が見事でした。
まあ樹木は人の手で整備されている人工的な紅葉ですけどね。
でも綺麗な紅葉でした。
有馬温泉は「GoToトラベル」の影響なのか、観光客がコロナ前の時と同じぐらい
来ていて驚きました。
コロナ前と違うのは、外国人が少ない事ぐらい。
逆に日本人は増えているんじゃないかな、と思いました。

とにかくこの「コロナ」が少しでも早く終息する事を願うばかりです。
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム