スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えない小女郎ヶ池

今日は大阪労山の有志山行で比良山系に行ってきました。
雪に埋もれた小女郎ヶ池が目的地です。

天気は雲ひとつない快晴。

JR蓬莱駅より比良山系を望む。


気温は暖かく、歩いていると暑い。もう汗だく。
雪はここ2、3日寒かった時に降ったと思われる新雪が
積もって真っ白で綺麗だ。
しかし今日は登り下り共にアイゼンなしで行動した。
今日のこの雪だとアイゼンがない方が歩きやすい為だった。

小女郎峠手前の急登。


小女郎ヶ池は雪の下で見えません。


下山途中、小女郎峠より少し下った所の脇の急斜面を
キックステップで登る練習を。

小女郎峠より少し下った所で遊ぶ。


斜度は余裕で45度以上。というか壁だな、ありゃ。
落ちたらタダではすまないので必死に登りましたよ(^^)
今回は練習なので良かったが、実際あれぐらいの斜面を登る
場合は、アイゼンとピッケルがあれば安心して登れるだろう。
で、登りきった所から少しトラバースして元の場所へ降りたのだが
そっちの方も危なくて緊張した(^^;)
実際、登りより下りの方が危険で難しい場合が多いし。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

前回の伊吹山と今回の比良の山行では、久々に
膝のサポーターを着けないで歩いてみました。
その結果、前回の伊吹山ではギリギリ大丈夫な範囲でした。
今回は下りの林道歩きは少し堪えたが、前回よりはマシで
腸脛靭帯炎は起こりませんでした。
ちょっと不安だったが着けないでも、なんとか大丈夫のようだ。
この後もとりあえず無しでいってみよう。

コメントの投稿

非公開コメント

いいお天気ですね~!
私も昨日おとといと、お空を見上げては、
あ~山行きたい!とぼやいてました(^^;
先日の山の後から、私も膝(の裏)が痛いんです。
正座したら、立ち上がれないの。
しばらく、山は休むべきか、はたまたスパルタで登って、
鍛えるべきか。うぅむ。
師匠、アドバイスを。

急登斜面。スキー担いで滑りたい斜面ですな(^^)

>ちこさん
私の場合は使いすぎによる痛みなので安静が一番なんですが
足の筋肉を鍛えないと克服できないので、悩むところです。
ちこさんも無理しない方がいいと思いますよ。
どうしても気になるならちゃんとした整形外科で診てもらうとか。
>松田さん
滑る人にはたまらん斜面でしょうね。
でも上の方はマジで急斜面でしたよ。

たぶん登るより滑る方が楽ですよ(^^)
でも登りも,下りもどちらにしても最近の高温で雪崩の危険性は管理されたスキー場でも山でも注意しないと行けませんね。
kojiさんは雪崩時の危険回避とか訓練されてます?
自分は経験したこと無いんですよ。
新雪に転んで埋まった時に死ぬかと思いました(^^;;

訓練はまだしてないですね~。
というか雪崩が起きそうな危険な所へは
まだ行った事ないですから(^^)
どういう所が起きやすいかは聞いていますけど
実際遭うと怖いでしょうね。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。