今度は水量が

この間のアイドリング不調は2日ほどで(なぜか)治まり
快調なポロに戻った。
やれやれと安心していたら、今度は水温・水量警告灯が点いた。
おいおい、またオーバーヒートでJAFを呼ばなアカンのかいな。
と、一瞬頭をよぎったが、幸い水温はいつも通り一定のままだ。
ボンネットを開けて見てみると、案の定クーラントが減っている。
しかも、かなり。
ポロの場合、自然に減るのは普通なのだが、こんなに減るかな?

真ん中・左上の警告灯が点いています


どこかから漏れてる様子はなさそうだが、念のため
某ショップで見てもらう事にしました。
結果、どこも漏れていないようなので、やはり自然減のようだ。
まあ、もうちょっとマメにチェックしておけって事やね。

コメントの投稿

非公開コメント

うちのカエル号は油や水の類はあまり減りません。
他のパーツはよく壊れますが(^^)。

モノ自体は壊れてなくても、センサーがおかしくて
警告灯が点いたりするから、一体何を信じたらいいか
わからない時がありますね。
ちなみにこの写真で見えるキャタライザーの警告灯は
センサー異常です(^^;
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム