強烈!ラッセル山行

26日は会の人、計3人で比良の小女郎谷へ行ってきました。
本当の目的地は小女郎峠から蓬莱山に登るつもりでしたが
全く到達できずに敗退となりました。

JR蓬莱駅の周りも雪景色。山の方も真っ白だ。
気温は低そうだが風は全くなく快適。
JR蓬莱駅(標高90m)から標高450mぐらいまでしばらくは舗装路歩き
で普通ならサクサクを歩けるところ。しかしこの日は違いました。
湖西道路を越えた辺りからは踏み跡もなくなり積雪は30cmほどに。
しかも登るほどに積雪量が増えていく。
まだ舗装路は続くが周り一面雪で地面は全く見えない。
舗装路が終わる頃には膝の高さぐらいの雪でかなり歩きにくい。
もう汗だく。
この時点で小女郎峠までは無理だと判断。行けるところまで行き
途中で引き返す事になりました。

踏み跡なし。ここが舗装路だと分かる?


山道に入るとさらに積雪量が増える。
途中、西淀川労山の単独行の女性が追いついてきて、4人で交代で
ラッセルする事になりました。ラッセルする人は大変だが後ろは結構楽。

交代でラッセル。


腰の高さまで雪に埋まる。


腰上の高さのラッセルになってきて、いよいよ進まなくなってきた。
13時40分を限度にして引き返すことに決定。
結局、標高720m付近で時間切れで撤退する事に。

下りてくると青空が。


ラッセルしてきた道を戻る。


琵琶湖が綺麗に見える。


この日、小女郎谷を上がってきたのは私達3人を含め5人だけでした。
身近な比良の山で強烈なラッセルが体験できました。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム