スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央アルプス縦走

26日~27日は中央アルプスに行ってきました。
中央アルプスでは一番メジャーな千畳敷~空木岳間の縦走です。
ロープウェイで上がっているので楽々かと思いきや、予想外に疲れました。

ルートは
26日:
千畳敷6:30→極楽平7:02→濁沢大峰→檜尾岳10:05~10:22→熊沢岳12:07~12:21→
東川岳13:55~14:12→木曽殿越14:34~14:48→空木岳16:43~17:02→駒峰ヒュッテ17:07
27日:
駒峰ヒュッテ6:40→空木平避難小屋7:25→小地獄・大地獄8:50→マセナギ9:35→
池山避難小屋10:08~10:35→林道終点・登山口11:20→菅ノ台駐車場12:10

予定では避難小屋(駒峰ヒュッテまたは空木平避難小屋)に泊まるつもりでしたが
いっぱいで泊まれないと困るので、念のためテント泊装備で歩きました。
今年の駒峰ヒュッテは食料・水等の販売は無しで、普通の避難小屋として開放している。
ただし土日は管理人がいて、大人数の場合は予約が必要との事。

稜線の天気は晴れたりガスったりの繰り返しで、午後はガスの方が多かった。
行動中に雨は降りませんでした(夜中に大雨降りましたが)。
空木岳山頂では残念ながらガスの中でした。

極楽平から空木岳へ向かう。
手前のピークはサギダルの頭。



檜尾岳からこれから歩く稜線を見る。
左のピークが空木岳。



素晴らしい場所に建つ檜尾避難小屋。


檜尾岳まで歩いてきた稜線を見る。


檜尾岳~熊沢岳間は花が多い。
チングルマが綺麗に咲いていた。



東川岳から空木岳を望む。


木曽殿山荘の建つ鞍部から空木岳への登りが最高に疲れました。
上に見えるピークにやっと登ったかと思うと、また向こうにさらに高いピークが見える。
それを越えるとまた向こうに…。
というのが何回もあって、精神的にかなりやられました。

中央アルプスというと穏やかな稜線と想像していましたが、各ピーク辺りは岩稜帯が多く
「さすがアルプス、侮ってはいけない」と思いました。

駒峰ヒュッテから見る日の出。


赤く染まる空木岳。


空木平にあるお花畑。


癒されます。


空木岳からの下山路も長く、標高差2000mを一気に下るため、かなり堪えました。
空木岳日帰り予定の人が時間切れもしくは疲労のため、駒峰ヒュッテに泊まっている
人もいました。かなりの健脚でないと日帰りは無理ちゃうかな。いや、荷が軽ければいけるか。

下山後は温泉に入って、開田高原に寄り道して、食事とお茶してから帰りました。
開田高原に着いた頃はものすごい嵐に遭いましたが、その後天気が落ち着くと
一転して御嶽山が綺麗に見えましたよ。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。