雨のダイトレ

26日は大阪労山主催のダイヤモンドトレール縦走大会へ参加してきました。
といっても今年は歩く方ではなく、運営側としての参加です。
私の所属する会は今回紀見峠の40kmコースのゴール受付の担当となりました。
他にもうひとつ別の会(山之会バッカス)との共同作業です。

ゴール受付の準備作業中。


今回は朝から本降りの雨という事で、ブルーシートで屋根を作ったりして
濡れないようにするのが、中々大変だった。
この雨のせいか、参加者は昨年と比べて大幅減となりました。
同じ日に生駒で府岳連の縦走大会があるのも影響しているんだろうなぁ。
参加者が少ないので、ゴールする人のタイミングもまばらで
忙しいと感じる時間は全くありませんでした。
じっと座って待っている時間が長いので、足元が寒いわ。

日も暮れた18時半頃、最終パトロールの人たちが回ってきて
異常なしとの事で解散、撤収となり、皆さん帰宅しました。

が、その後にえらい事が発覚する!
なんと参加者のひとりが下山できずに山中で迷っているとの連絡が
大阪労山の方へ入る。遭難です。
早速、大阪労山救助隊や有志の方たちが現場へ向かい、その日夜中まで
捜索するが結局見つからず、翌日朝に再開。
しばらくすると本人から大阪労山の方へ自力下山をして無事との連絡が入り
捜索隊は解散となりました。

当の本人は遭難した自覚があまりないようで、こんな大騒ぎになっていた
とは思いもしなかった様子。
後日談ですが、当日本人はゴールまでは時間的に無理と判断し
自分の意思でダイトレルート(尾根上の道)から外れ、下山を開始したが
道に迷ってしまい、一晩ビバークした後、自力で下山したとの事。
だとしたら、どこでどちら方向へ下山しようとした事を大阪労山へ連絡した時に
伝えていれば、捜索時にもっと場所を絞ってすんなりと探せたような気がする。
遭難者はダイトレ縦走大会は過去何回も参加している人だそうで
まさか道に迷うと思ってなかったでしょうが、ルートから外れれば
そりゃ道は分かりくいし、パトロールの人も捜索隊も見つけられへんわな。
まあどんなところでも遭難は起きるという事ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム