スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪洞に泊まる

10日~12日は北アルプスの遠見尾根に行ってきました。
白馬五竜スキー場のすぐ上の地蔵の頭付近で泊まりました。

10日朝、白馬五竜スキー場に到着。
風が強く、ゴンドラの運転開始が遅れていたため
予定よりかなり遅れて地蔵の頭まで上がる。
そこでテントを設営して、その後、雪洞を製作。

まず縦穴を掘り、それから横に掘り進む。
そして4人が入るには十分すぎるスペースが出来上がりました。
今回は雪洞に泊まるという事で、荷物を全部中へ運ぶ。
それでもまだずいぶんと余裕がある。
寝る時、足を伸ばしてもテントみたいに端に当たらないで寝られそう。

雪洞内部。神秘的な雰囲気。


ピース!


雪洞の中は暖かいという話しだが、実際は結構寒い。
ただし、外よりかはマシといったところ。
火を焚いてもテント内みたいに暖かくならない。
雪洞内は常に氷点下の世界(-5℃ぐらい)。
でも外の音が全く聞こえないので、ものすごく静か。
夜中に外が吹雪いていても全く分かりませんでした。
おかげで一泊目は熟睡(←いつも通りか?)。

しかし!次の日の朝、ある事が発覚する。
天井が下がってきているのだ。多分20cm以上は下がっている。
確かに時間が経てば天井が下がってくるとは聞いていたが
こんなに低いと、もうまともに座れない。
という事で、朝一(夜明け前で真っ暗)にテントの方へ荷物を移動。
これで一時間ほどロスしたわ。
でも熟睡できたし、まあ満足かな。

11日は小遠見山まで往復。
踏み後は当然ないので、ワカンを装着して交代でラッセル。
時々粉雪混じりの冷たい突風が吹いたりするが、大体は太陽も
しっかり見えて、結構いい天気でした。

小遠見山にて。手前の山は天狗岳。


同じく小遠見山より遠見尾根を望む。


そして二泊目は、テントで泊まる。やっぱり暖かい。
しかし風の音や雪がテントを叩く音がとてもうるさく感じる。
雪洞内がとても静かだっただけに。
でも熟睡しましたけどね(←いつもか?)。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。