戦後60年

毎年、夏になると考えさせられる。
過去に日本が戦争をしていたという事を。
それも勝つ見込みが全くない、悲壮な戦争を。

太平洋全域が戦場となった太平洋戦争。
補給線を絶たれた島で次々と玉砕していった日本軍。
サイパン島での戦いも日米共に悲惨を極めた。

サイパン島で慰霊碑に拝礼される、天皇・皇后両陛下。


戦後60年経ってようやく両陛下による(昭和天皇が出来なかった)
慰霊の旅が実現して、異国の地で無念の死を遂げた人々の魂が
少しでも慰められれば、と思う。

私の母の両親(要は祖父母)も戦争で亡くなっている。
だから私も全く無関係ではないのだ。
毎日、のほほんと平和ボケしたような生活をしていますが
そういう悲しい過去の歴史があって、今の平和な日本が
あるんだなと、たまに考えさせられます。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

私は歴史が好きです。それも20世紀の戦争絡みの歴史が。
「なぜ戦争が起こるのか?」
どういう背景で戦争に至ったかを調べてみると、ただ年号を
覚えるだけでは見えなかった歴史が見えてきます。
太平洋戦争だってギリギリまで日米で交渉が行われていたし
もし戦争が回避出来ていたら、今の歴史はどう変わっていた
のだろうか?などと考えたりします。

歴史は好きだけど、戦争は嫌いです。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム