春の立山・剱岳

3日~6日は北アルプスの立山・剱岳に行ってきました。
室堂からすぐの雷鳥沢のキャンプ場で泊まりました。
剱岳のピークは踏めませんでしたが、良い山行でした。

3日:室堂→雷鳥沢→雪洞掘り
4日:雷鳥沢→立山三山→雷鳥沢→雪洞掘り
5日:雷鳥沢→剱沢→平蔵のコル→雷鳥沢
6日:雷鳥沢→室堂

3日はとても良い天気。
この日の行動は室堂から雷鳥沢まで歩くだけ。
キャンプ場にテントを張る。
その後、近くの吹き溜まりを雪洞にするべく、ひたすら掘る。
油断して日焼け止めを塗らなかったため、メチャ焼けてしまう。

3日。快晴の立山。


4日は早朝にテント場を出発。
天気は曇りだが、悪くはなさそう。
立山三山を縦走。
大走りを下るが、途中から左の少し急な斜面の尾根へ逸れて
グリセードで下る(こけてばっかりだったが)。

4日は立山三山を縦走。(T氏撮影)


雷鳥、現る。(G氏撮影)


その後は昨日の続きの雪洞掘り。これがかなりしんどかった。
明日は早く起きるので、あまりゆっくり起きていられないが
せっかく近くに温泉があるので、入って暖まってから寝ました。

5日は夜中にテント場を出発。
天気は快晴で、空を見ると天の川が綺麗に見える。
雷鳥沢から剱岳へは遠い道のりでした。
長~い雷鳥坂を越えると、そこには初めて近くで見る剱岳の姿が。
しばらくすると夜が明け、青い空とくっきりと映える剱岳に思わず見とれる。
一服剱、前剱と順調に越えてきたが、段々ガスが出だした。
カニの横ばい手前の平蔵のコルでガスが濃くなり
見通し悪化のため、撤退決定。来た道を戻りました。
途中、滑落停止訓練やグリセード、尻セードを
しながら下山しました。

5日早朝。剱岳の姿が。(N氏撮影)


剣山荘からは急登となる。(T氏撮影)


前剱への登りが見える。(N氏撮影)


急登の全景。(T氏撮影)


急登を登っているところ。(T氏撮影)


急登、続く。(T氏撮影)


まだまだ続く。(T氏撮影)


振り返ると素晴らしい眺望。(T氏撮影)


高度感のある小ピークを何度か越える。(T氏撮影)


ガスが出てきた。(T氏撮影)


ガスが濃くなり、撤退開始。(T氏撮影)


帰りも気をつけて歩く。(T氏撮影)


この日も温泉に入って、生ビールで乾杯。
寝不足と暖まったせいか、メチャ眠くなりました。

5日晩から6日にかけては、すごい風が吹いていました。
寝ている時、テントのポールが折れるんじゃないかと思いました。
バタバタ音がうるさくて、あんまり熟睡出来なかった。
こういう状況なら雪洞の方が数倍快適だろう。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム