北アルプスの秘境

14日~16日は同じ会のK藤さんと北アルプスの横尾本谷に行ってきました。
初の本格バリエーションルートを歩くという事で、ちょっと緊張しました。
横尾本谷は途中で二つに分かれて、左俣と右俣があり
左俣を詰めると大キレット直下のカールに出ます。
右俣を詰めると南岳と横尾尾根に囲まれたカールに出ます。
今回は落石の少ないであろう、右俣を歩く事にしました。

お盆の時期なら、槍穂稜線には人がいっぱいいるはずなのに
横尾本谷では当然、誰とも出会わず。まさに秘境でした。

ルートは
14日:
上高地→横尾
15日:
横尾→本谷橋→横尾本谷右俣→右俣カール→横尾尾根のコル→
天狗原(氷河公園)→ババ平
16日:
ババ平→上高地

14日は横尾までなので、ゆっくり散策気分で歩く。
横尾に着いてからも、のんびり過ごす。
テント設営してから、ビールを飲んで、昼寝もしました。

おなじみ、上高地の風景。


15日は本番。横尾本谷を登る。
横尾から本谷橋までは登山道を歩きます。
本谷橋は渡らずに登山道から外れ、左岸をそのまま歩いて
いよいよバリエーションルートへと入っていきます。
途中、涸沢出合で左に涸沢を見送り、ここから横尾本谷が始まります。
さらに進むと、二俣が。左俣と右俣の分岐です。
今回は右俣へ。

本谷橋より少し進んだところ。登山道は既にありません。
奥に見えるのは、北穂高岳。



この日の横尾本谷ですが、水量がとても多い。
残雪の多さと13日に降った雨が影響しているのかも知れない。
渡渉もへつる事も出来ず、急斜面の高巻きや強烈な藪漕ぎを
強いられて、予想以上に時間が掛かりました。

だんだん急になる谷を登り、最後に5mほどの滝を高巻くと
平らな草原が出現しました。右俣カールの底に到着です。
とりあえず、ヤレヤレという感じです。
しかしここから先も結構登ります。右俣カールは広いんです。

右俣カールの底に到着。
残念ながら穂高稜線はガスの中。



右俣カールは広い。
横尾尾根のコルが正面に見える。



振り返ると屏風岩が同じ高さに見えた。


バリエーションルート最後は横尾尾根のコルを目指して急斜面を登りますが
その斜面も浮石だらけで、非常に気を使いました。
そして、横尾尾根のコルに到着。一般登山道に合流です。
もう大概疲れていたので、当初予定していた南岳には向かわず
ババ平まで下りる事にしました。
しかし、なんと登山道の歩きやすい事よ。
登山道のありがたさが分かりました。

夜は雨が降りました。この三日間で唯一の雨。
でも行動中は一度も雨に降られる事なく、快適な山行でした。

下山時、快晴の槍沢。水の色が綺麗。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム