スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老舗復活!

今年のF1はレギュレーションが大幅に変わり
それに上手く対応出来たチームと出来なかったチームとの差が大きく
シーズン序盤は昨年まで常勝チームだった、マクラーレンとフェラーリが絶不調。
2チームとも今シーズンは一度も勝てないんじゃないか
というほどのダメなマシンの出来でした。
でも、そこはさすがハイレベル集団。
ハイスピードで開発を進め、ついには表彰台争いが出来るほどに盛り返してきた。
シーズン序盤の出遅れが響き、タイトル争いには加われそうもないが
後半戦の優勝争いは波乱が期待出来る状況になってきていた。

そして、第10戦ハンガリーGPでマクラーレンのハミルトンが今季初優勝。
続く第11戦ヨーロッパGPでも優勝出来るパフォーマンスだったが
チームのピットでのミスで2位に。しかし、実力は本物。

そして、今週の第12戦ベルギーGP。
もうひとつの常勝チーム、フェラーリがついに今シーズン初優勝。
予選は弱小チーム、フォースインディアのフィジケラがPPを獲得するという
大波乱が起こったが、決勝もすごいレースとなりました。

クラシックな高速サーキットであるスパ・フランコルシャンでは最高速が物を言う。
最近F1に加わったサーキットは中低速でテクニカルな所が多くなった。
昔はここやモンツァみたいな高速サーキットがもっと多く、面白かった。
で、このコースでの最高速はというと、フェラーリも中々速いが
それ以上にフォースインディアが速いとの事。
しかもフォースインディアはKERS(カーズ)未搭載車。
KERS無しでも、コーナー立ち上がりに十分なトラクションを得る事が出来て
それが最高速の速さに結びついているようだ。
このマシンの予選での速さはフロックではなかった。
決勝でも十分に速さを発揮し、フィジケラは大健闘の2位表彰台を獲得。

優勝はたった一度だけのチャンスを逃さず、フィジケラをパスしたライコネン。
しかし、フィジケラもライコネンから引き離されず、同じペースで走り続け
ライコネンからわずか1秒遅れでゴール。
お互い、見事なレース内容でした。

F1 2009年第12戦ベルギーGP決勝。
オールージュ手前。
KERSを使って、フィジケラを追い詰める



さらに追い詰め、ケメルストレートで一気にオーバーテイク!


いつも冷静なライコネンが珍しくガッツポーズ。


ゴールの瞬間、「アイスマン」と言われる、いつも沈着冷静なライコネンが
喜びを爆発させるかのように、ガッツポーズをしていたのが印象的でした。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。