連戦連敗

クラックス大阪で一緒のいろりの人たちと
烏帽子岩に行ってきました。

連休中という事で、中国道は大渋滞。
いつもの休日なら宝塚まで下道で行くのだが、そこも大渋滞。
山越えの抜け道で行けばよかったけど、もうしゃーない。
ちょっと遅れて烏帽子岩へ。
朝から快晴でめっちゃ暑い!

まずは「太陽がいっぱい」から。相変わらず緊張する。RP。
「帰って来たヨッパライ(5.8)」。RP。
「エイトマン(5.9)」は下部が怖いので、TRで。
なんとかノーテンションで登るが、2ピン目までが怖いかな。
休憩後、「ハーフ&ハーフ(5.10a)」に挑戦。
2ピン目から2mぐらい上の三角木馬のガバを取るまでが、めちゃ怖い。
中々ガバが取れずに、そこで2回フォールしました。
2回目にフォールした時、壁に尻もちをついてしまい、お尻が痛かった(^^;)
なんとか3回目にそこを越えるが、その上のスラブも怖かった。
そして、なんとか終了点まで登ったけど、敗北感でいっぱいでした。
その後、ちょいグレードを落として登る?という事で
「アフターバイトダイレクト(5.9)」へ。
発破跡を使ったレイバックはしんどい。保持出来ん。
テンションを掛けまくって、なんとかテラスの上へ。
しかし間違って、右のアフターバイトの終了点の方へ行ってしまったので
少し降りて戻らないといけないのだが、それがめっちゃ怖かった。
前のピンは遥か下で落ちられへんし、次のピンは遥か左にあって遠いわで
一瞬敗退しようかと思ったぐらい(^^;)
その後、時間を掛けて、なんとかかんとか終了点まで行きましたが
これまた、えらい敗北感と疲労感が。
ホールドを必死で掴んでいたのか、指の先はヒリヒリするし
もう閉店ガラガラ状態。

「思い切りが足りない」
「勢いよくムーブを繰り出していく方がいい場合もある」
等々、アドバイスされましたが
実際怖くて、そんなに簡単に出来ませんって(^^;)

やはり外岩の場合は、初めて登る課題はグレードに関係なく
一度TRで登って慣らした方がいい場合が多いかな。
ムーブやホールドがある程度分かるだけで、次はリードで登る場合でも
心理的にかなり違う気がする。

快晴の烏帽子岩。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム