リハビリ登攀?

17日は半年振りに不動岩に行ってきました。
大阪労山の山の学校のお手伝いに参加です。

昨年の私のブログにも書いている通り、山の学校には
今年度からはあまり参加するつもりは、なかったのですが
同じ会のK本さんが生徒さんとして参加するし
分からない事だらけでとても不安そうだったので
空いてる時は行こうかと思いました。

昨年は「スタッフ」でしたが、今年は「アシスタントコーチ」という肩書きに。
まだまだ、そう呼ばれるような実力はなく、恥ずかしい限りです。
それはそうと、昨年のスタッフでは運営面のお手伝いがメインでしたが
今年はそれはしなくてよくなり(今年は昨年の生徒さんがスタッフをする)
アドバイザー的立場になったというのかな?
とにかく、気はとても楽になりました。

しかし、久々に山の学校に参加したら、めっちゃしんどかった。
山歩きも殆どしてないのに、さすがに無謀だったわ。
登攀後のボッカは、もちろんついていけませんでした(^^)
今回は自分自身のリハビリのつもりで、比較的簡単な百丈岩で
のんびり登らせてもらおう、とか勝手に考えていましたが
いざスタッフさんに行き先をきいてみると「不動岩でお願いします」との事。
あの岩場までの急坂を登るというだけで心が折れそうでした(^^;)

朝一から行動開始のため、守口キャンプ場に前泊。
大阪の昼間は暑いぐらいだったのに、裏六甲の朝はかなり冷え込みました。
プレハブ小屋内で上下ダウンを着込んでシュラフに入っているのに
朝方寒くて目が覚めました。
まあ、また昼間は温くなりそうなので、登攀には問題なさそう。

さて、肝心の登攀はというと…。
面白かったです。
全然リハビリ気分ではなかったですが、楽しく登らせてもらいました。
「逆L」と「ワンポイントハング」はリードで。
2年前の生徒の時、セカンドで(しかも核心部はA0で突破)登って以来なので
殆ど覚えていない。
でも今回は、ビビりながらもオールフリー&ノーテンで登れました。
というか、一緒のパーティ(3人1組)を組ませてもらったM井コーチによると
室内壁のグレードが5.11台の人なら「登れて当然」だそうです。
そら、そうかも知れませんが、外岩リードはやっぱり怖い。
でも、怖くても、登らないといつまでたっても慣れないしなぁ。
もうひとりのパーティは生徒のH口さん。
クラックス大阪で時々お会いしますが、所属会でも外岩を練習されているとの事。
ほぼスムーズな登りで、特に問題なし。
山の学校が終わる頃には、ガッツリ登れてるでしょうね。
お疲れ様でした。

道場駅近くの川沿いに咲く桜。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム