スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は何の日?

最近全く記事にしていませんが、相変わらずF1は欠かさず見ております。
今年も第3戦まで終了していて、昨年のチャンピオン
レッドブル・ルノーのベッテルが圧倒的な速さを発揮しております。
レッドブルとはご存知の通り、世界的なドリンクメーカーですが
ホントにえらい金持ち企業なのか、レース界だけに限らず
いろんなスポーツでスポンサーをしていますね。
現在のレッドブルチームのマシンはエイドリアン・ニューイ
(ニューウェイとも言う)がデザインしているマシンです。
エイドリアン・ニューイといえば、過去ウィリアムズ、マクラーレンなどで
素晴らしいチャンピオンマシンを設計してきて、数年前から新興チームの
レッドブルで活躍している人物です。

前置きが長くなりましたが
ヤフーのスポーツページを見ていると
こんなページがあったので、載せます。

【今日は何の日?】アイルトン・セナが1994年サンマリノGPで事故死

↑の文章中「1984年以来12年ぶり」とありますが
「1982年以来12年ぶり」の間違いです。念のため。

実際、80年代初めにカーボンモノコックが採用されだしてから
F1では劇的に死亡事故が少なくなり、たとえ事故を起こしても
「ドライバーは死なない」という雰囲気はありました。

なので、このサンマリノGPでの2件の死亡事故は大変ショックでした。

当時のウィリアムズ・ルノーのマシンは
あのエイドリアン・ニューイのデザインしたマシンでした。
過去2年、圧倒的な強さでチャンピオンを獲得していたウィリアムズに
この年からマクラーレンから移籍してきたセナが乗る。
チャンピオンは約束されたも同然でした。
ところがこの年から大幅にレギュレーションが変更され
昨年までのウィリアムズのアドバンテージはなくなっていた。
開幕2連勝のシューマッハと2戦連続ノーポイントのセナ。
セナとしてはどうしても負けられない一戦でした。
焦るセナと追い詰めるシューマッハ。
こうした状況の中、サンマリノGPを迎えました。
そして、トップを走ったまま、タンブレロでクラッシュ!
事故の瞬間、ニューイは致命的な事態が起きたと分かったのでしょう。
ニューイが無線でセナに呼びかけても応答がないようで
涙を流す姿が映し出されていました。

あれから17年ですか。早いですね。
その後、安全なF1を目指して、かなりの改革が繰り返され
幸い死亡事故は起こっておりませんが「F1は面白くなくなった」と
いう意見は、よく聞きますね。
その時代時代に合わせたレギュレーションの変更は
しょうがないかとは思いますが。

コメントの投稿

非公開コメント

中1のときでした~アイルトンセナは中学生にも人気でしたが、深夜にやってるので寝てしまって、月曜日の朝礼のときに騒ぎになってたのを覚えてます~
一度、本物のサーキットや音を聞いてみたいかも

>なっちゃん
そうそう、あの頃は録画放送だったので深夜にやってましたね~。

セナは当時不景気だったブラジルのヒーローだったので
大変大きく取り上げられ、葬儀は国葬になっていました。

セナ亡き後のF1はシューマッハの独走となってしまって
見る側としても、面白さが半減した感が否めません。
ま、それでも楽しみを見つけて、見てましたけどね。

鈴鹿サーキットとか近いので、行きますか?
音とかオイルの匂いとか現場の雰囲気は独特ですよ。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。