山頂だけ晴れた氷ノ山

3日~4日は大阪労山の冬山ハイキングセミナーのお手伝いで
修了山行の氷ノ山に行ってきました。
我が会からは5名の参加でした。

2月中旬は寒波のおかげで雪もどっさり降っていたと思いますが
この山行の前辺りから暖かくなり、雨が降ったようで
テント場(東尾根登山口)辺りの雪はかなり腐って(ザラメ雪)
せっかくの積雪量も減っているようでした。

ルートは
3日:福定→氷ノ山国際スキー場(リフト利用)→スキー場の少し上で幕営
4日:テント場→東尾根→氷ノ山山頂→往路を戻る→テント撤収→スキー場横を下山→福定
でした。

この山行予定日の天気予報も悪く、好天は期待できない模様。
ところが山行中の天気は意外に持ちました。
氷ノ山の山頂に着く直前までは、ガスってホワイトアウト状態でしたが
頂上に着いた途端に雲が切れて一瞬で快晴となりました。
すごいタイミング!そんな事もあるんですね。

東尾根を歩く。


綺麗な霧氷が見られました。


氷ノ山に向けての急登が見えてくる。


木も凍っています。


東尾根が眼下に見えます。


急登を登りきると…。


氷ノ山の山頂に到着!しかし、ガスっています。


ところが!急にガスが流れて、晴れてきました!


遠くまで綺麗に見えます。


山頂からの下山時。雲が下にあります。
あの雲の下は雨でした…。



生徒やスタッフで参加された皆さん、お疲れ様でした。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム