FC2ブログ

2019年の室内壁まとめ

2019年の室内壁まとめ。

室内壁のクラックス大阪での練習。
昨年以上に調子はイマイチな感じでした。

毎年恒例のお正月課題。
銀亥(銀のイノシシ)は5.12a相当ぐらいの課題。
この課題はルーフ壁左からスタートして右にトラバースしながら登り
ルーフ壁に入ると一旦クライムダウンした後、ルーフを超えて終了点へ。
比較的ガバが多くレストポイントもあるが、手数が多くヨレる。
それとルーフを乗っ越す時にクリップしたヌンチャクが足より下になるところが
一番の核心で難しいところなので、ここで落ちると結構怖い(^^;)
何回かやっているうちにRPは出来たけど、持久力トレーニングのために
繰り返し登るのが良さそうと思うが、あの核心部分は何度やっても怖い。

その他のツエルブ台の課題で印象に残っているのは
ルーフ壁左の赤スラッシュの5.12a。
カチやスローパーが多く、ムーブもテクニカルで面白い課題でした。
何ヶ所かのクリップもしにくくて、怖い課題でもありました。

他には110度壁の緑矢印の5.12aは手数が多く(約50手)持久力系の課題。
クラックス大阪は壁の高さが低い(10mぐらい)ので手数を増やすために
110度壁の中で左右に何度もトラバースするのだが、クリップはなるべく
真っ直ぐ掛ける方がロープの流れ的にいいので、110度壁の端にいる時は
ヌンチャクから離れて、そこで落ちると振られて落ちる事になるので、ちょっと怖い。
手数が多い分、ガバも多くレストも出来るが、所々悪いホールドもありヨレる。
難しいムーブはないので、この課題も持久力トレーニングに向いている。

新しく追加されたイレブン台の課題も中々面白いものが多い。
当然だけど登れない事はないが、5.11cや5.11dのイレブン後半になると
自分が思っているよりもRPするまでに時間(トライ回数)が掛かる事が多かった。
好調だった頃のイメージと、実際の今の自分の実力がかけ離れているからだと思う。

右肘の痛みは今年も完全に良くなる事はなく、登ると痛くなる。
それにプラスして右手首が痛くなる事も多かった。
さらに11月には、前述の銀亥の課題でトレーニング中に核心部分でフォールして
手をどこかにぶつけたようで、小指の先端の骨を折ってしまいました(←下の記事参照)。
こんな感じで今年も低調な時期が多かったです。
最近ずっとこんな調子だが、来年は頑張ろう(^^)

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム