スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想定外の出来事

やはり山には危険がいっぱいだ。
私は参加できなかったが、3日の山人(やまんちゅ)の山行での出来事。
今回は山人初の3000m峰、南アルプスの仙丈ヶ岳へ登るというもの。
詳しくは山人のHPのレポートを見れば分かります。

落ちたら死ぬかも(^^;)


参加された人は大変だったようでお疲れ様でした。
とりあえず無事でなによりです。
しかし、この出来事について考えると、私の胸の中には
モヤモヤとしたものが…。
個人的には「無事で良かった」だけで終わらせては
いけない出来事だと思いました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

私が個人的に、こうすればいいかも、と考えているのは
以下のような内容です。あくまで”個人的”にですけど。

・山行計画書の作成(各自印刷して家の人に渡しておく)
・山岳保険の加入の徹底(民間ヘリが飛んできたら大変だ)
・山の危険性の周知徹底
 (死ぬかも知れないという事を家の人にも知らせておく)
・自分が登る山の情報の周知徹底
 (地形図・シルバコンパスはメンバー全員が持ち、なおかつ使える事)
・自分が登る山に見合った体力・筋力をつける
 (特にアルプスは高低差・距離とも長い場合が多いので)

まあ私も気をつけなければならない事ばかりやけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
危機管理、確かに必要ですよね。
実は盆の山で決定的なミスを犯したのです。
朝ピーカンだったので、合羽の下を持たずに山頂に向かったのですが、山頂で突然の豪雨に見舞われました。
結局小一時間程度でやんでくれたのですが、降ってる間はかなり自分の判断力の甘さを痛感してブルーになりました。
荷物は過剰に持たないでいいけど、持つべきもの・するべきことを放棄してはいけないと叩き込まれました。
危機管理・危険予知、本当に大切なことだと思います。

あ、リンク貼らせていただきました。
ずっと気になってたんです。
事後報告でスミマセン・・・・

そーやってんや。私達は道中で降ったりやんだりだったんで
脱いだり着たりと大忙しでした(^^;)
ところで今回の件、一応3000m級の山やねんから、もうちょっとなぁ…。
まあ私は部外者なんであまり余計な事は言えませんけど。
リンクありがとうございます。
気にせんでもええのに。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。