スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年の室内壁まとめ

2013年の室内壁まとめ。

室内壁のクラックス大阪での練習は、2月連休の山行後の駐車場で転んだ際
右手首を捻挫してしまい、その後しばらくはクライミングを休む破目になる。
この年前半のクライミングはリハビリが中心となり
室内壁もグレード更新どころか、現状維持も出来ない状態。

2月に傷めた右手首が治ってリハビリ後、ようやく登れるグレードが上がってきて
もうすぐ因縁の5.12a/b(水色×)がRP出来そうというところまで来ていたのに
12月初めの練習中に右手薬指を痛めてしまった。
いわゆるパキリというやつです。
これでまた振りだしに戻ってしまった(^^;)
因縁の5.12a/b(水色×)の課題も年末までで
次のホールドチェンジで無くなってしまった…。

結局この年の室内壁では5.11dをRPしたのが最高で
ツエルブ台はRP出来ず。情けない。
来年は指を治して出直しです!

2013年のまとめ

長らく更新していないので、2013年の出来事をまとめておこう。

1月正月休みに、八ヶ岳の赤岳に登る。
この冬最大級の寒波が来ていた時の登山。
行動中の天気はド快晴でしたが、気温はなんとマイナス22度!
太陽がサンサンと照っているにも関わらずですよ。
その晩のテントでは寒すぎて(マイナス25度以下)熟睡出来ず。
でもこの温度でもテント泊しても大丈夫な事が確認出来ました(^^;)

成人の日は日帰りで備中・長屋坂の岩場へ誘われたので行きました。
5.9、5.10bと登り、その後「スプリング(5.11a)」に挑戦。
この日は3回挑戦するもRP出来ず。
お買い得のイレブンが登れないとは、凹むわー。

2月連休は八ヶ岳の硫黄岳へ。
本沢温泉から硫黄岳を目指したが、夏沢峠からの登りで稜線に出た途端
吹き飛ばされそうな風のため、ピークハントは断念。
下山後の稲子湯の駐車場の凍った地面で思い切り転び、右腕を強打(^^;)

4月末のGW前半に春山高所登山をするという事で
3月~4月はトレーニング山行を行なった。
4月半ばには、事前山行として木曽駒ヶ岳に登ってテント泊。
準備は順調でしたが、本番の日の山の天気が大荒れで
結局目標の山(五竜岳)には登れずに帰阪。

GW前半の山行が現地の麓まで行っただけという不完全燃焼だったため
GW後半は単独で快晴の大峰(山上ヶ岳~稲村ヶ岳)をゆっくりと
テント泊で歩いてきた。
人が少ない山域で静かな山行が楽しめました。

5月、6月は槇尾山の仏岩や六甲の不動岩などの岩場でチョロッと遊ぶ。

6月末は快晴の西穂高岳に登る。
整備された岩場の登山道は快適で、程よい緊張感を楽しみました。

7月初めは御在所・藤内壁でアルパインクライミング。
久しぶりのアルパインなので、高度感にビビリまくり(^^;)
梅雨真っ只中なので湿度が異様に高く、花崗岩がツルツル滑って
それも怖かった一因かも。

7月半ばは大峰の七面山へ。
昨年の台風の被害で登山口までの林道が土砂崩れで通行止めでしたが
解除され開通したようなので、行ってみました。
登山道も一部荒れていました。
雨の多い大峰らしく、途中で雷雨に遭いました。
時間がなく、大峯奥駈道まで行けなかったのが残念。

7月海の日は大峰の前鬼で沢登り。
快晴で水の色がキラキラと光って綺麗すぎたので
川に入って水面を一眼レフで撮りまくりました。

8月頭は蝙蝠谷の清掃活動に参加。
岩場は相変わらず登れないルートばかりでしたが
ヌンチャクが掛かっていた「復活(5.11c)」を触らせてもらう。
途中のムーブが解決出来ずに敗退(^^;)
クリップする前だし、怖いっ。
後日、蝙蝠谷の入山許可証が届きました。ありがとうございます。

8月盆休みは、久々に出掛ける事にしました。
一度も行った事のない南アルプス南部の山域へ。
憧れの悪沢岳から赤石岳を三日間掛けて歩いてきました。
初日は昼からの雷雨で全身びしょ濡れになりましたが
二日目以降は快晴で素晴らしい眺望を楽しんできました。
見ず知らずの関東の方たちと仲良くなって
テント場で飲みながら色々お話ししたのも楽しい思い出です。

10月体育の日は御嶽山へ。
クライミング仲間オンリーという珍しいメンバー。
この日は前日の雨から一転、回復して晴れの天気という事もあってか
大変蒸し暑く、出だしの登りから大汗をかいてしまい
その後頂上まで足が攣りまくって何度もうずくまる破目に。
上りはみんなに迷惑掛けたけど、下りは快調に歩けました(^^)
紅葉の最盛期という事もあって、山の斜面は鮮やかな色でした。

10月~12月は槇尾山・仏岩や蓬莱峡で数回遊ぶ。

12月の例会山行(生駒山)は珍しく多くの会員が集まり
賑やかな山行となりました。

南アルプス縦走・荒川三山~赤石岳

今年の夏は記録的に暑い日々が続いていますね。
大阪にいたら溶けそうな暑さ。どこかに涼みに行きたい…。
という事で、盆休みは高所登山をしようと考えました。
しかしどこへ行くか、直前になっても中々決められず…。
結局、少しでも人の少ない山域をと思い、南アルプス南部に行く事にしました。

南アルプスは山容が大きく、標高差が結構あるのと、事前のトレーニングが
全く出来ていないというのが少し不安要素ではありましたが、とにかく実行です。

■山 域 南アルプス・悪沢岳、赤石岳
■日 程 8月15日(木)~18日(日)
■参 加 単独
■天 気 15日 晴れのち雷雨、16日 晴れ、17日 晴れ、18日 晴れ
■行 程
 15日:畑薙ダム臨時駐車場7:00→椹島8:00-8:35→小石下10:37→
     清水平11:55-12:20→見晴台13:30→駒鳥池14:36→千枚小屋15:32
 16日:千枚小屋6:41→千枚岳7:28-7:36→丸山8:13-8:24→悪沢岳8:54-9:37→
     コル10:05-10:11→中岳避難小屋10:45-10:57→中岳11:01→コル11:07→
     前岳11:16-11:35→コル11:44-11:51→荒川小屋12:48
 17日:荒川小屋5:30→大聖寺平6:10-6:20→小赤石岳の肩7:00-7:12→
     小赤石岳7:27→コル7:37-7:47→赤石岳8:07-8:51→コル9:17→
     富士見平10:41-10:55→赤石小屋11:16-12:29→樺段14:05→椹島15:32
 18日:椹島6:30→畑薙ダム臨時駐車場7:30

悪沢岳を目指して。


山行の詳細は↓

続きを読む

西穂高岳

同じ会のM下さん、K藤さん、M口さんの3人で西穂高岳に行く予定を立てていたので
その計画に混ぜてもらいました。

■山 域 北アルプス・西穂高岳
■日 程 6月29日(土)~30日(日)
■参 加 4名
■天 気 29日 曇りのち晴れ(のち雨)、30日 晴れ
■行 程
 29日:新穂高ロープウェイ・西穂高口駅10:00→西穂山荘11:00
 30日:西穂山荘5:00→丸山5:25→西穂独標6:20→ピラミッドピーク7:05→
     西穂高岳7:55-8:40→西穂独標9:40→西穂山荘10:20-12:00→
     新穂高ロープウェイ・西穂高口駅13:00

西穂高岳山頂。


山行の詳細は↓

続きを読む

大峰山系・山上ヶ岳、稲村ヶ岳

GW後半は何も山行の予定を立てていませんでしたが、残り二日間の天気は快晴との予報。
「じゃあ、どこかテント泊しに行こう」と思い、大峰に行く事にしました。
山上ヶ岳と稲村ヶ岳には行った事がなかったのと、小笹宿の雰囲気が良いらしいとの事で
そこでテント泊するのが今回の山行の目的です。

山上ヶ岳と稲村ヶ岳。
日帰りで十分回れる山ですが、そこはあえてテント泊して、のんびり歩こうと思いまして。
それにせっかくの快晴。急いで帰ったら、もったいない(^^)

大峯奥駈道は世界文化遺産で有名だし、連休なので、もっと人出があると思っていましたが
行動中は殆ど人に出会う事もなく、静かな山行となりました。
みんな、アルプスとかに行ってるのかな?

■山 域 大峰山系・山上ヶ岳、稲村ヶ岳
■日 程 5月5日(日)~6日(月)
■参 加 単独
■天 気 5日 晴れ、6日 晴れ
■行 程
 5日:洞川温泉8:00→毛又橋8:49→五番関トンネル前9:30-9:53→五番関10:08→
    洞辻茶屋11:43-12:18→陀羅尼助茶屋12:26→鐘掛岩12:43→
    西ノ覗岩13:09-13:28→日本岩13:41-14:05→山上ヶ岳14:09→
    大峰山寺(本堂)14:17-14:55→小笹宿15:25
 6日:小笹宿8:19→大峰山寺(本堂)8:56→山上ヶ岳9:03-9:14→レンゲ辻9:37→
    稲村小屋10:28-10:38→稲村ヶ岳11:07-11:35→稲村小屋11:56-12:12→
    法力峠13:06→五代松鍾乳洞13:47→稲村ヶ岳登山口13:59→洞川温泉14:17

山上ヶ岳からの眺望。


山行の詳細は↓

続きを読む

まだ挑戦中です…

クラックス大阪。
基本、週1回のペースで行っております。
それ以外では、月に1回ほど休日に行くという感じ。

さて、以前から挑戦中の課題、5.12a/b(水色×)。
なんと、まだRP出来ていません(^^;)
これだけ登れないとなると、自分の才能のなさを呪いたくなりますね。
しかし、やり続けていれば、いずれ登れると信じて
懲りずに挑戦し続けています(^^)

この日の1回目。
どっ被りを乗っ越すところまでは、今まで散々やってきているので
動きも自動化されていて順調にこなす。ここからがこの課題の本当の核心。
スローパーでマッチから左手をピンチホールドへ思い切り伸ばす。届いた!
続いて、右手カチ→左手カチ→右足をスローパーへ上げて、右手ピンチホールド。
そこで右足と左足を入れ替え、バランスを取ってクリップ→
もう一度足を入れ替え、右手でカチ→丸いホールドでマッチ、まで繋がった!
が、そこで保持しきれず落ちてしまった!
あとは、左手で遠いガバを取れば、右手クロスで終了点、でRPなのに!!

本当にRPまで、あと一息というところまで来ました。
実際、最後のパートを登っている最中、RPを意識していました。
でもその途端、落ちました(^^;)
ここまで来れば、あとは「気合い」だけの問題のような気がする…。

この課題は、今までやった課題の中では一番難しいと感じています。
でもそれだけに、登れた時の喜びはどんなものかと思うと、楽しみです。

右肘や首から肩にかけて、いつも痛かったり、(整骨院の先生曰く)肩甲骨が
少し浮いていたり、腰も意外と疲労していたりと、全身ボロボロですが
この課題は、なんとしてでも登りたい。

剣山~三嶺・縦走

同じ会のK谷さんと四国東部の山、剣山から三嶺の縦走に行ってきました。
四国のここにしかない『コメツツジの紅葉を見る』というのが今回の山行の目的です。

当初の予定では、一日目に剣山から三嶺まで行き、二日目に三嶺から天狗塚まで歩く
というものでしたが、実際の行程は下記のように少し短縮したものになりました。
その理由は後述します。

■山 域 四国東部・剣山~三嶺
■日 程 11月3日(土)~4日(日)
■参 加 2名
■天 気 3日 曇りのち晴れ、4日 晴れ
■行 程
 3日:見ノ越登山口6:25→リフト西島駅7:15→剣山山頂ヒュッテ8:15-8:25→
    剣山8:35→次郎笈峠9:00→丸石10:20→丸石避難小屋10:55-11:10→
    高ノ瀬11:55→白髪避難小屋14:30
 4日:白髪避難小屋6:45→カヤハゲ7:40→三嶺8:55-9:10→
    三嶺避難小屋9:25-10:30→ダケモミの丘11:25→(新ルート)→
    名頃登山口12:55→名頃バス停13:43→(村営バス)→見ノ越登山口14:08

白髪避難小屋から見た三嶺。


山行の詳細は↓

続きを読む

疑惑のゴールド免許

今日は5年ぶりの運転免許証更新のため
門真運転免許試験場に行ってきました。
ずっと(15年ぐらい)無事故無違反を続けている私は
今回の更新でも当然ゴールド免許でした。

受付開始が8時45分からなので、大体それぐらいに着けばいいやと
適当な時間に家を出ましたが、試験場に着いたのは9時前でした。
モノレールの駅から歩いたら25分ぐらい掛かったのが痛かったか。
もう、すでに建物の外まで受付待ちの大行列が出来ていました。
ちょっと甘く見てた。
証紙買って、免許証のコピー取って、視力検査して、顔写真撮って
30分の講習を受ければ、新しい免許証の発行となります。
全部終わったのは12時前になりました。おなか減った…。

前回の更新の免許証の顔写真は、完全に目をつむってるものでしたが
今回のはちゃんと撮れてる(当たり前で、前回が異常なだけか…^^;)。

今回の免許証からICチップが内蔵されていて、以前は書かれていた本籍地が
表記されなくなった。
試験場や警察署にある読取機で、暗証番号(8ケタ!)を入れると分かるという。
忘れると困るけど、そのためにわざわざ警察署まで行くのも面倒なので
免許証の裏にメモってやった(IC化した意味ないって?^^)


今回も無事ゴールド免許をいただけましたが、実際には3月に軽く事故っています。
バイク(スクーター)と接触して向こうは転倒。こちらはドアミラーを破損。
車対バイクの事故という事で、当然こちらの方が過失が大きくなる事が
予想出来るのだが、幸いバイクの人は大きな怪我はないみたいでした。
それでも一応警察に連絡しようと駐車出来るところまで移動しようとしていると
朝の通勤時で向こうの人は急いでいたのか「もういいわ」と立ち去ってしまう。
結局、その時は警察には届けず、こちらも普段通りに会社まで行きました。
しかし、そのままではバイクの人が警察に事故届を出すと、私は「ひき逃げ犯」と
なってしまう事が判明。
という事で、仕事帰りに警察署に行きました。
警察署では一応、事故届を提出。
ただ相手が居ないので事故としては成立せず、バイクの人が届け出れば成立する
との事でしたが、結局、バイクの人は届出をしなかったようです。
でも、事故後すぐに連絡しなかった事は、えらい怒られました(^^;)


そんなこんなありましたが、私のゴールド免許は守られた(?)のでした。
心新たに、気を引き締めて運転しようと思いました。

白馬大池辺りの紅葉

10月の三連休はどーしよう?
最初は穂高のバリエーションルートに行こうと考えていましたが
昨年の10月連休の涸沢や上高地の大混雑・大渋滞の話しを聞いて
早々に「こりゃダメだ」と思って、そうこう迷っているうちに
とうとうその週になってしまった。
小川山や備中の岩場にクライミングをしに行くという話しもありましたが
三日目は家で雑用をする事となり、その話しもお流れとなりました。
そこで、ここ数年、綺麗な紅葉を見に行くという事がなかったので
久しぶりに一眼レフを持って出掛ける事にしました。
といっても、行き先は出掛ける前々日にやっと決め、
用意も遅々として進まず、出発寸前にやっと出来る始末。
まあ単独だと、どうしてもダラけてしまう…(^^;)

この時期はまだ割と標高の高いところに行かないと紅葉が見られないけど
楽して上がれるところという事で、行き先は「白馬大池」に決定。
池の畔の広いテント場でのんびりしようと考えました。
しかし、穂高ほどではないが白馬も人気の山域なので、人手は多いかな?と
思っていましたが、結果は、混雑でうんざりするようなところは全くなく
気分良く歩く事が出来ました。

ルートは、栂池自然園→天狗原→白馬乗鞍岳→白馬大池、の往復。

白馬大池と紅葉。


山行の詳細は↓

続きを読む

体が軽い日

クラックス大阪。

水曜日に行けなかったので、木曜日に行きました。
いろりの人たちはいませんが、SCCの人たちと登る。

右肘は相変わらず少し痛いままだが、先週辺りから限界トライを再開。
今の課題、5.12a/b(水色×)。
今はまだRPを狙うのではなく、ボチボチと無理しない程度に登る
というつもりで触ってみる。

1回目。
スタートから14手終えた後にある、カチマッチを越え、左手ガバ→右手ガバでクリップ。
左足を上げて左手で乗っ越したところにあるスローパーを取り、右手も寄せてマッチする。
右足を左足と入れ替え、左足は乗っ越したところにある遠いホールドへ飛ばす。
次に左手ピンチホールドを取りに行くムーブを起こす前に落ちてしまいテンション。
スローパーでは一度姿勢を立て直さないと次のムーブが起こせない(上へ上がるための
推進力が得られない)が、その前に落ちてしまった。
だって、スローパーでマッチって、めっちゃしんどいよ。
テンションを掛けたまま、しばらくレストしてから登る。
続き。左手ピンチホールド→右手カチでクリップ→左手カチ→右手ピンチホールド→
もう一度右手でカチ→丸いホールドで左手、右手の順でマッチ→左手遠いガバ→
右手クロスで終了点、と一気に1テンで登れてしまった。
長い時間レストしたから腕力が回復していたというのはあると思うけど
ここまですんなりと終了点まで抜けられるとは思ってもいなかった。
乗っ越した後のクリップを1回にして腕力の消耗を防いだのも良かったようだ。
ムーブも繋がってきて、ロスが減っているんだろう。
気楽な気持ちで登ったのも、よかったのかも?

2回目。
1回目と全く同じところでフォール。
しかし今回はそれほどレストせずに登り始めた。
結果、1テンで終了点へ到達。
1回目より疲れているはずなのに、再度1テンで登りきれた。
これは嬉しかった。
あとはテンションした時のレストする時間を短くしていって
最終的にはテンションしないで登れるようになれば、やね!

今日はなぜか、とても体が軽く感じました。
ちょっとだけど、RPが見えてきた気がする(^^)
頑張ろう。でも気負うとダメだったりして…。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
記事カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。